メインコンテンツへスキップ

新着情報

2014.06.13お知らせ

シンポジウム「東アジアの安全保障と日米韓協力の意義」が開催されました

本日、秋田魁新報社、在札幌米国総領事館及び国際教養大学の共催による、シンポジウム「東アジアの安全保障と日米韓協力の意義」が開催されました。

東アジア安全保障問題における有識者4名をモデレーター及びパネリストとしてお招きし、東アジア地域の安定と日米韓協力の意義についての議論が繰り広げられました。

シンポジウムには、学内外から110名の参加者があり、活発な質疑応答が行われました。

 

【日時】 2014年6月13日(金)18:00-19:30  

【場所】 国際教養大学 多目的ホール

【モデレーター】

  • ブラッド・グロッサーマン氏 (パシフィック・フォーラムCSISエグゼクティブ・ディレクター)

【パネリスト】

  • ジョセフ・ファーガソン氏 (LMIガバメント・コンサルティング上級顧問)
  • 崔 剛(チェ・カン)氏 (アサン政策研究所副所長)
  • 道下 徳成 氏 (政策研究大学院大学教授)

 

<会場の様子>

Symposium_1

Symposium_2

Symposium_3

 

Symposium on “Security in East Asia and the Significance of U.S.-Japan-Republic of Korea Cooperation” took place on June 13, 2014, at AIU. It was co-hosted by Akita Sakigake Shimpo, Consulate General of the United States, Sapporo, and Akita International University.

At the Symposium, four prominent figures in international security in East Asia were invited as moderator and panelists, and Issues of regional stability and the significance of U.S.-Japan-Republic of Korea cooperation were livery discussed followed by Q&A session for every participants.

The Symposium was attended by 110 participants from and outside of AIU.

 

【Date】18:00-19:30, Friday June 13, 2014

【Venue】Multi-Purpose Hall, AIU

【Moderator】

  • Brad Glosserman, Esquire (Executive Director, Pacific Forum CSIS)

【Panelist】

  • Dr. Joseph Ferguson (Senior Advisor, LMI Government Consulting)
  • Dr. Choi Kang (Vice President, Asan Institute for Policy Studies)
  • Dr. Narushige Michishita (Professor, National Graduate Institute for?Policy Studies)

<Snapshots from the Symposium>

Symposium_1

Symposium_2

Symposium_3