メインコンテンツへスキップ

大学概要

国際教養大学 沿革

1998年10月
「秋田県高等教育推進懇談会」設置
(座長:秋田県副知事 板東久美子)
2000年4月
「国際系大学(学部)検討委員会」設置
(委員長:東京外国語大学長 中嶋嶺雄)
2002年3月
「国際系大学(仮称)創設準備委員会」設置
(委員長:UMAP国際事務総長 中嶋嶺雄)
2003年11月
文部科学省による国際教養大学設置認可
2004年4月
開学(初代理事長・学長 中嶋嶺雄:~2013年2月)
[2013年従三位に叙位、瑞宝重光章を受章、秋田県文化功労者表彰を受賞]
2005年2月
地域環境研究センター(CRESI)設立
2005年7月
カレッジプラザにサテライトセンター開設(秋田市)
2006年4月
学部入学定員を100名から130名に増員
2007年6月
学生宿舎(愛称:グローバルヴィレッジ)竣工
2008年3月
1期生が卒業、新図書館「国際教養大学図書館」竣工
2008年4月
教職課程設置、言語異文化学習センター(LDIC)設置
学部入学定員を130名から150名に増員
2008年9月
専門職大学院「グローバル・コミュニケーション実践研究科」開講(定員30名)
2008年12月
講義棟(D棟)竣工
2010年3月
多目的ホール竣工
開学5周年記念式典挙行(多目的ホール)
2011年4月
学部入学定員を150名から175名に増員
2011年11月
大学の世界展開力強化事業に採択
2012年1月
東アジア調査研究センター(CEAR)設立
2012年10月
経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援事業
(旧グローバル人材育成推進事業)に採択
2013年3月
学生宿舎(愛称:さくらヴィレッジ)竣工
2013年9月
能動的学修支援センター(ALSC)設立
国際教養教育推進センター(CPILAE)設立
2014年9月
スーパーグローバル大学創成支援事業(グローバル化牽引型)に採択
2014年11月
開学10周年記念式典挙行
中嶋記念図書館およびSuda Hall(多目的ホール)への改称
2015年4月
アジア地域研究連携機構(IASRC)設立(CRESIとCEAR統合)
2015年9月
学生イニシアティブセンター(I棟)開設

専門職大学院 沿革

2004年4月
開学(初代学長 中嶋 嶺雄)
2005年2月
地域環境研究センター(CRESI)設立
2005年7月
カレッジプラザにサテライトセンター開設
2008年3月
新図書館竣工
2008年4月
言語異文化学習センター(LDIC)設置
2008年9月
専門職大学院「グローバル・コミュニケーション実践研究科」開講(入学定員30名)
2008年12月
講義棟(D棟)竣工
2010年3月
多目的ホール竣工
2010年8月
第一回大学院修了式
2012年1月
東アジア調査研究センター(CEAR)設立
2013年6月
鈴木 典比古 学長就任