メインコンテンツへスキップ

AIU TOPICS

2016.04.05AIU 生 Watch

AIU生が秋田市お土産品開発プロジェクト販売会を行いました

秋田市の6次産業化プロジェクトの一環である「地元食材を使用した商品開発」 の依頼を受け、昨年度に引き続き本学の学生 10 名が市の特産品となりうる土産品の開発を行いました。学生は、海外の食文化を秋田の食材で再現し、かつ秋田オリジナル商品とすることを共通テーマに、地元企業3社による製造販売・秋田公立美術大学 孔准教授によるパッケージデザイン協力のもと3種類の商品が完成しました。

発表会

3月25日(金)に秋田市役所で開催された商品発表会では、学生が完成品についてプレゼンテーションを行い、秋田市長にも御試食いただきました。

s_0618 s_0680

販売会

翌3月26日(土)の秋田駅ぽぽろーどで行った販売会では、事前にテレビや新聞で告知していただいたこともあり、朝10時の販売開始前から多くの方にお集まりいただきました。昼には準備していた全商品が完売となるほど大盛況でした。

s_7484 s_7576

今後の販売状況については、facebookページ「秋田市×国際教養大学 お土産品開発プロジェクト」にて随時告知していく予定です。今回学生が開発した商品は次の3種です。

完成商品

四喜福福~まるっと秋田collection~
s_7625

【たけや製パン製造・販売】
4種類8個入り 1,080円(税込)単品1個110円(税込)

この商品は、秋田の春夏秋冬を4種の色と味で表現した大福です。元々のアイディアは中国の「寿桃(スートゥ)」という桃の形をした饅頭で、現地では寿桃を長寿のお祝いの席で食べることが多いため、「高齢者が多い秋田がますます栄えるように」との願いも込めて、寿桃の商品開発を行うことになりました。元は饅頭生地ですが、米どころ秋田の餅文化に焦点を当て、秋田版では生地をモチモチの大福にアレンジしました。秋田の春を桜あん(ピンク)、夏を枝豆あん(グリーン)、秋をりんご入りあん(イエロー)、冬を味噌あん(ホワイト)とした4種の味を詰めあわせたセット商品です。県内だけでなく、県外の方にもお土産として秋田の四季をまるごと味わい、感じていただける商品となっています。
※販売時期・場所について、現在検討中。
おらほの晩酌~秋田風エゼ~
s_7616

【ノリット・ジャポン製造・販売】
1袋 390円(税込)

アレンジしたのは、ブータンの国民食「エゼ」です。メンバーの1人がブータンでホームステイをしていた際、唐辛子・野菜・チーズを使った薬味をよく口にしていたことがきっかけとなり、秋田の食材をふんだんに使った秋田風エゼの開発に取り組むことになりました。「お父さんがお風呂上がりに飲むビールを最高の一杯にするようなお土産」をコンセプトに、秋田風エゼでは、大胆にも秋田名物いぶりがっこと甘酒をメイン食材として使用ました。大根の絶妙な食感と甘酒の辛さを少し和らげる働きによって、甘辛なテイストに仕上がっています。伝統的な秋田の食文化と海外の食文化がうまく融合し、斬新でありながら、どこか懐かしさも感じられる商品です。
※4月上旬より、秋田駅トピコ2階「本山物産」、アトリオン地下「あきた県産品プラザ」、エリアなかいち1階「あぐりんなかいち」において随時発売予定
AKITA JORES(あきたフォーレス)
s_7646

【ワールボンボン製造・販売】
1箱8枚入り 1,360円(税込) 1箱12枚入り 1,879円(税込)

「普段頑張っている人にご褒美としての贅沢を味わってもらいたい」をコンセプトに開発したのは、アルゼンチンを始め南米諸国で広く愛されている国民的菓子「アルファフォーレス」です。現地では、伝統的に作られる家庭的な味から、おしゃれなカフェのメニューにも採用されるなど、多種多様にアレンジされ日常的に親しまれています。熟練したパティシエが手作業で作る秋田版では、生地の一部に秋田産米粉と秋田産卵を使用するなど使用食材も厳選しています。上品な味とパッケージの高級感から、自分へのご褒美や大切な方への贈り物にも最適です。
五城目産の木イチゴをサンドするジャムは常時ラインナップするほか、他2種は季節ごとに変わる予定です。期間限定の新しい味との出会いもお楽しみに。
※ワールボンボン御所野店(フレスポ御所野内1階)にて絶賛発売中