メインコンテンツへスキップ

AIU TOPICS

2016.08.01交流活動

第19回English Village開催~御所野学院(秋田市)

英語によるコミュニケーションゲーム

到着するとアドバイザーと留学生が話しかけて緊張をほぐします。

7月29日(金)~31日(日)の3日間、秋田市立御所野学院中学校・高等学校の生徒35名が本学を訪れ、English Villageに参加しました。これは、県内外の小・中・高校生を対象に2泊3日を基本とした英語研修プログラムで、スーパーグローバル大学創成支援(グローバル化牽引型)事業の一環として本学が実施するものです。

学生による活動「英語で説明してみよう」

学生による活動「英語で説明してみよう」

English Villageのプログラムでは、生徒を6名ずつのグループに分け、それぞれのグループを本学の学生(アドバイザー)2名と留学生1名が担当してコミュニケーション活動を進めます。

「留学生にインタビューしよう」

上級生がさりげなく下級生を手助けします。

今回は中学生と高校生の混成グループを編成しました。学年が異なった生徒が同じグループにいることで、上級生が下級生を手伝ったり、指導したりする姿勢が生まれます。また、下級生は上級生が上手に英語を使う姿を見て、一生懸命勉強して来年は自分もこうなりたい!という意欲が沸くようです。高校生のロールモデルは、AIU生です。大学生になったらこのくらい英語が話せるように頑張りたいという声が、あちらこちらから聞こえてきました。

IMG_0844

工夫を凝らしたプレゼンテーションをしてくれました。

最終プレゼンテーションでは、保護者も見守る中、中学1年生から高校2年生までが上手に役割分担をして、思わず引き込まれるような展開を見せてくれました。

IMG_0840

最終日のプレゼンテーション

2015年1月にスタートしたこのプログラムは、今回で第19回を迎え、参加者数(小中高生)は延べ620名となりました。

スーパーグローバル大学創成支援について、詳しくはこちらをご覧ください。
English Villageの実施について、詳しくはcos@aiu.ac.jpまでお問い合わせください。