メインコンテンツへスキップ

AIU TOPICS

2016.09.18広報チームブログ

オーストラリア国立大学「ザ・歌舞伎倶楽部」が熱演

9月8日(木)、オーストラリア国立大学の学生による歌舞伎公演が本学SUDA Hall(多目的ホール)で行われました。

遊郭での一場面

遊郭での一場面

本学に留学していたプロデューサーのエリン・マッカラさん

本学に留学していたプロデューサーのエリン・マッカラさん

演目は三島由紀夫作の喜劇「鰯売恋曳網(イワシ売り 恋の曳き網)」。

大名など位の高い客しか相手にしない遊女に一目ぼれしたイワシ売りが、大名に変装して遊郭へ行く物語で、流暢な日本語による台詞とユーモアたっぷりの演出に、会場は大変盛り上がりました。 

ダンスによる斬新な演出に会場は大盛り上がり

ダンスによる斬新な演出に会場は大盛り上がり

様々な国籍の学生によるザ・歌舞伎倶楽部

様々な国籍の学生によるザ・歌舞伎倶楽部

今回の公演は、プロデューサーや主演者など4名の座員がかつて本学へ留学をしていたことが縁で実現したもので、一行は、この後、東日本大震災の被災地の方々を励ますため、気仙沼市(9/11)と石巻市(9/14)で公演を行いました。 

新聞やテレビでも取り上げられました。

新聞やテレビでも取り上げられました。

本公演の様子は、新聞やテレビでも紹介されています。
読売新聞 秋田魁新報

なお、オーストラリア国立大学「ザ・歌舞伎倶楽部」は、1980年代に日本語を学ぶ学生たちが中心となって結成した団体で、日本国外の歌舞伎一座としては長い歴史を持っているということです。