メインコンテンツへスキップ

地域連携

学生との交流活動について

  1. はじめに
  2. 交流可能日カレンダー・留意事項
  3. お申込の流れ
  4. よくある質問
  5. お申込・お問い合わせ

1. はじめに

(1) 交流の趣旨

国際教養大学は、地域からの依頼に基づき、本学の学生(以下、学生)と地域の方々との交流活動の機会を提供させていただき、学生の活力や斬新な発想などが活用されることを期待しています。また、様々な国や地域から留学してきた学生との交流を通して、相互の国際理解・異文化理解を深めるとともに、学内の講義だけでは得られない貴重な社会体験の機会を学生に提供することを目的としています。

(2) 交流の対象
  • 県内の学校・教育機関(小学校、中学校、高等学校、他大学等)
  • 県内の各種団体(自治体、企業、集落等)
(3) 交流の条件
  • 学生と地域相互の国際理解・異文化理解を深める活動であること
  • 学生の社会体験・経験等に資する活動であること

次の場合は、交流をお断りします。

  • 単なる労働力としての学生の活用や、営利が主目的の活動等の場合
  • 特定の宗教、政治団体に関する活動の場合
  • 特定の国や人種、性別、個人等の排除あるいは参加を求める場合
(4) 交流の内容

活動の準備や当日の進行については、基本的に主催者側で行ってくださるようお願いしています。参加学生が地域の方々との相互交流を通して、異文化理解を深める機会となるような内容を希望していますので、初めて交流を計画される場合は、別添、交流内容の例を参考にしてください。

2. 交流可能日カレンダー・留意事項

※大学見学のみをご希望の方はこちらをご覧ください。

3. お申込みの流れ

学生との交流のお申込みの流れ

4. よくある質問

Q:参加する学生は、いつ頃確定しますか?

A:通常、交流当日の1~2週間前に確定します。学生の自主的な応募に基づきますので、希望数に満たない場合や人数の確定が直前になる場合もありますが、随時、主催者へ状況を連絡します。

Q:受入交流(大学での交流)での交流時間の変更・延長はできますか?

A:学生は授業の合間に交流活動に参加しているため、基本的に交流時間の変更・延長等はできません。また、記念撮影等をされる場合は、交流時間内での調整をお願いします。交流時間の詳細は、交流可能日カレンダー・留意事項をご覧ください。

Q:英語が話せないのですが、留学生は日本語でコミュニケーションが取れますか?

A:必ずしも日本語が話せる留学生ばかりではありません。日本語能力が必要な場合は、それを条件に学生募集をしますので、申込書に明記ください。(日本語能力は、学生の自己申告です。)

Q:交流しないと大学見学はできませんか?

A:交流をしなくても大学見学は可能です。本学は地域の皆様にキャンパスを開放しておりますので、自由に見学できます。団体様の場合は、駐車スペース等の管理のため、事前に申し込みが必要です。

※大学見学のみをご希望の方はこちらをご覧ください。

5. お申込・お問い合わせ

交流のお申込みは、「国際教養大学生との交流申込書」に必要事項をすべてご記入の上、E-mail、FAX、郵送のいずれかで下記までご送付ください。

国際教養大学生との交流申込書  ※お申込みの前に、上記 1.はじめに ~ 4.よくある質問 をご一読ください。

申込用紙 申込用紙

企画課 研究・地域連携支援チーム(RCOS)
〒010-1292 秋田県秋田市雄和椿川字奥椿岱
TEL: 018-886-5904, 5905 / FAX: 018-886-5910
Email: cos@aiu.ac.jp