招聘教員による特別講義「国際海洋法」

コース名:「国際海洋法」
招聘講師:エリック・フランクス先生(ベサリウスカレッジ、ベルギー)
実施期間:2015年2月19~25日

franckx001

franckx002

今年度最後の海外招へい教員による特別講義が、2015年2月19~25日に開講されました。「国際海洋法」(グローバル・スタディズ課程)と題されたこの講義は、ベサリウスカレッジ(ベルギー)のエリック・フランクス教授が担当されました。フランクス教授は国際法全般を専門としており、とりわけ海洋法に精通しています。

国際海洋法は、地球の3分の2に影響を与える海洋レジームです。この重要課題を理解するため、講義では従来の法的枠組みに加えて、現時点での諸国家間のやりとりについても紹介されました。最初に「遠洋の自由」という基礎的な概念が紹介され、次いで「領海」「海峡」「群島水域」などの具体的な概念を学び、最後に東アジア地域に注目した具体的な事例を考察しました。

franckx003

講義には多くの学生が参加し、授業の内容だけでなく、学生との対話を重視するフランクス教授の授業スタイルを楽しみました。この活発な質疑応答や対話形式の授業は、学生が専門的概念についてより明確に理解する一助となりました。フランクス教授は、「学生が尖閣諸島問題など、最近の東アジアの事例について熱心に意見を交わしていたことが特に印象的だった」と話していました。受講した学生からは、「法的研究は非常に複雑だが、グローバルな課題を理解するためには必要なものだと感じた」「今後もこの専門領域が学べる講義をぜひ受講したい」などの声が聞かれました。

フランクス教授は「この特別講義のほかに、滞在中、AIUの教員と関連研究について意見交換できたのが良かった」と話していました。本学もベサリウスカレッジとの教育・研究交流を継続し、今後のパートナーシップをさらに充実させてきたいと考えています。

カテゴリー: 新着情報