招聘教員による特別講義「マクロ経済データと金融データの時系列分析入門」

GBP345_001

コース名:「マクロ経済データと金融データの時系列分析入門」
招聘講師・所属:フェリックス・プレティス先生(オックスフォード大学、英国)
招聘期間:2016年5月9日〜13日
コード:GBP345 シラバス(英語)

2016年5月9日から13日にかけて、オックスフォード大学のリサーチフェロー、フェリックス・プレティス先生を講師としてお招きし、AIU海外招聘講義プログラム「マクロ経済データと金融データの時系列分析入門」が開講されました。プレティス先生は時系列計量経済学がご専門で、また環境防衛基金(Environmental Defense Fund)と共同で、気候変動をモデリングする計量経済学的手法の研究もされています。

GBP345_002

この講義では、中央銀行や大学などで幅広く使われている計量経済分析ソフト「OxMetrics」を用いて、時系列分析に重点を置いた計量経済学の理論や手法の習得を目指しました。実際のマクロ経済データや金融データを分析することにより、計量経済学の理論やデータの分析方法を実証的に学んだほか、日本経済の実データを用いクズネッツ曲線の推計をすることで、その経済理論の妥当性を検証しました。

講義終了後、学生からは「OxMetricsを使いこなすために、統計学やマクロ経済学の勉強を続けていきたいと思う。」、「授業のレベルは高いが、プレティス先生は難しい内容をわかりやすく教えてくれた。」、「先生は研究論文の正しい書き方や分析結果を効率的に図表で示す方法を教えてくれた。これは今後の研究に役立つと思う。」などの声が寄せられました。

(寄稿:グローバル・スタディズ課程 4年 富田 凌)

カテゴリー: 新着情報