メインコンテンツへスキップ

専門職大学院

出願要件

入学者の選抜は、書類選考のみによって行います。志願票、志望理由および学習計画書、推薦状、語学力を証明する書類などの出願書類を総合的に判断し、選考します。

募集日程等はこちら

出願要件

下記の点数は目安ですので、これらの基準に満たない場合でも応募は可能です。また、下記の英語資格要件を有していない場合でも本学において行われるTOEFL ITP®TESTのスコアを有する者は、TOEFL®PBT TESTと同等の要件として出願が可能です。各試験のスコア・合格証等は、指定されている言語ごとに1種提出が必要です。

英語教育実践領域
  • TOEFL iBT®TEST 88、TOEFL®PBT TEST 570、または他の試験で同等の英語力が認められる者
    (TOEIC®TEST 820 / IELTS 6.5 / Cambridge 英検CPE / 英検1級など)
日本語教育実践領域
日本語を母語とする者で、次の1.または2.に該当する者
  1. TOEFL®iBT TEST 71、TOEFL®PBT TEST 530、または他の試験で同等の英語力が認められる者
    (TOEIC®TEST 750 / IELTS 6.0 / 英検準1級など)
  2. 次のすべてを満たす者
    ・TOEFL iBT®TEST 61、TOEFL®PBT TEST 500、または他の試験で同等の英語力が認められる者
    (TOEIC®TEST 700 / IELTS 6.0 / 英検準1級など)
    ・英語以外の語学試験において一定の等級・スコアを有する者
    (TOPIK(韓国語能力試験)5級、HSK(漢語水平考試)5級、ヨーロッパ言語等においてはCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠組)でC1レベル相当)
日本語を母語としない者で次のすべてに該当する者
  1. TOEFL iBT®TEST 61、TOEFL®PBT TEST 500、または他の試験で同等の英語力が認められる者
    (TOEIC®TEST 700 / IELTS 6.0 / 英検準1級など)
  2. 日本語能力試験(財団法人日本語国際教育支援協会主催)1級またはN1を有する者
発信力実践領域
  • TOEFL iBT®TEST 79、TOEFL®PBT 550、または次の試験で同等の英語力が認められる者
    (TOEIC®TEST 800/ IELTS 6.5/Cambridge 英検CAE/英検1級など)

出願書類

  • 志願票
  • 志願理由および学習計画書
  • 推薦状(2名からの推薦)
  • 経歴書
  • 卒業(見込)証明書
  • 成績証明書
  • 語学力を証明する書類

授業料等

授業料等については、「学費」ページをご覧ください。

学費

英語運用能力強化のための研究生制度for non-native speakers of English only

本学の英語集中プログラム(EAP)で英語の運用能力を高めてから本学大学院に入学する選択肢もあります。英語運用能力が出願要件に達していない場合でも、英語を集中的に学習することにより本学大学院での修学が可能になると判断された場合は、研究生として入学することが可能です。ただし、研究生としての入学は、大学院の合格を保証するものではありません。本制度の利用は、日本国籍、日本国の(特別)永住許可、「留学」等の在留資格(短期滞在を除く)のいずれかの保持者に限ります。詳しくは「研究科の特色」ページをご覧ください。

研究科の特色

募集日程

募集は次のとおり3回行います。(募集人員は各回10名)
※日本語教育実践領域は9月入学のみとなります。

2017年10月選考
募集期間
2017年10月2日(月)~10月13日(金)
合格発表
2017年10月27日(金)
入学手続期間
2017年10月30日(月)~11月10日(金)
入学期
2018年4月または9月
2018年1月選考
募集期間
2017年12月11日(月)~2018年1月12日(金)
合格発表
2017年1月26日(金)
入学手続期間
2017年1月29日(月)~2月9日(金)
入学期
2018年4月または9月
2018年6月選考
募集期間
2018年5月14日(月)~5月25日(金)
合格発表
2017年6月8日(金)
入学手続期間
2017年6月11日(月)~6月22日(金)
入学期
2018年9月

出願前の面談について
入学後のミスマッチを回避するために、出願前に本学教員との面談を強く勧めます。面談を希望される方は、入試室へご連絡ください。

大学院学生募集要項(願書)