研究科の概要

国際教養大学専門職大学院「グローバル・コミュニケーション実践研究科」は、2008年9月に開設されました。本研究科は、高度な国際コミュニケーションの理論と実践に係る知識と技能を身に付け、グローバル社会において、外国語を使って活躍できる高度専門職業人を養成することを主な目的とします。グローバル・コミュニケーション実践専攻のもと、「英語教育実践領域」、「日本語教育実践領域」、「発信力実践領域」の3領域を配しています。

グローバル・コミュニケーション実践研究科 グローバル・コミュニケーション実践専攻 

研究科長・専攻長 伊藤 陽一

領域名代表標準修業期間入学定員数収容定員数
英語教育実践領域領域代表 内田 浩樹2年30人60人
日本語教育実践領域領域代表 佐野 ひろみ
発信力実践領域領域代表 伊藤 陽一

求める大学院生像

  1. 実践的、国際的なコミュニケーションや国際的な発信力の向上への熱意と可能性を有する者
  2. 本研究科での学習に関連した分野に将来従事することが見込まれる者
  3. 日本語教育実践領域の科目を除き、授業が英語で行われることから、履修に支障のない英語力を有する者

取得できる学位・資格

本研究科専門職学位課程を修了した者には、履修した領域に応じ、次の学位を授与します。

  • 英語教育実践領域:英語教育修士(専門職)
  • 日本語教育実践領域:日本語教育修士(専門職)
  • 発信力実践領域:発信力実践修士(専門職)

取得可能な資格について

本研究科の英語教育実践領域において、所定の科目・単位を取得し、修了した者は、「中学校教諭専修免許状(英語)」、「高等学校教諭専修免許状(英語)」を取得することが可能です。ただし、この専修免許状を取得するには、それぞれ「中学校教諭一種免許状(英語)」、「高等学校教諭一種免許状(英語)」を取得していることが必要です。

03