メインコンテンツへスキップ

大学院紹介

グローバル・コミュニケーション実践研究科

国際教養大学専門職大学院「グローバル・コミュニケーション実践研究科」は、2008年9月に開設されました。本研究科は、高度な国際コミュニケーションの理論と実践に係る知識と技能を身に付け、グローバル社会において、外国語を使って活躍できる高度専門職業人を養成することを主な目的とします。グローバル・コミュニケーション実践専攻のもと、「英語教育実践領域」、「日本語教育実践領域」、「発信力実践領域」の3領域を配しています。

研究科の概要

研究科名
専攻名
グローバル・コミュニケーション実践研究科
グローバル・コミュニケーション実践専攻
研究科長
専攻長
伊藤 陽一
領域名 領域代表 標準修業期間 入学定員数 収容定員数
英語教育実践領域 内田 浩樹 2年 30人 60人
日本語教育実践領域 佐野 ひろみ
発信力実践領域 伊藤 陽一

アドミッション・ポリシー(入学者の受入れに関する方針)

国際教養大学大学院の教育目標を理解し、国際社会での各分野での積極的な役割を果たせる高度専門職業人となるための教育課程に意欲をもって挑戦できる学力を有し、同僚学生と切磋琢磨するとともに協働により互いを高めあうことに喜びを感じることができる次のような学生を受け入れます。

主体的に学ぶ意欲が強く、鋭い問題意識を持つ学生であって

  • 英語教育実践領域
    グローバル且つクリティカルな視野を備え、国際コミュニケーション・ツールとしての英語の教育に貢献することを目指す人材
  • 日本語教育実践領域
    日本の文化や社会全般と日本語に関する深い興味を有し、世界で活躍する日本語教師を目指す人材
  • 発信力実践領域
    世界を総合的に観察することに関心を持ち、ジャーナリズム、パブリックリレーションズ、ビジネスの分野で国際的に活躍することを目指す人材

を求めます。

広く優秀な人材を世界から求めるため、入学審査は厳格な書類審査(必要に応じ、面接)によって行います。

取得できる学位・資格

本研究科専門職学位課程を修了した者には、履修した領域に応じ、次の学位を授与します。

  • 英語教育実践領域:英語教育修士(専門職)
  • 日本語教育実践領域:日本語教育修士(専門職)
  • 発信力実践領域:発信力実践修士(専門職)

取得可能な資格について

本研究科の英語教育実践領域において、所定の科目・単位を取得し、修了した者は、「中学校教諭専修免許状(英語)」、「高等学校教諭専修免許状(英語)」を取得することが可能です。ただし、この専修免許状を取得するには、それぞれ「中学校教諭一種免許状(英語)」、「高等学校教諭一種免許状(英語)」を取得していることが必要です。

研究科の概要イメージ写真