事業内容

アジア地域研究連携機構の事業 令和2年度の活動(目次)

当機構は、1.「アジア地域研究の深化」、2.「学術的連携の推進」、3.「地域貢献・政策提言」を実践する組織として、今年度は主に、以下の取り組みを進めていく予定です。

1. 地域研究

  1. 日本学術振興会委託研究「人口減少社会における包摂と継承―『最先端』秋田からの提言」(プロジェクトリーダー:熊谷嘉隆)
  2. 地域経済研究(担当:中川秀幸)
  3. 文化芸術遺産研究(担当:阿部邦子)

2. インバウンド観光に関する調査研究等

  1. 文化遺産観光(heritage tourism)研究(担当:根岸洋)
  2. 文化芸術遺産研究(担当:阿部邦子)※再掲
  3. クルーズ船観光研究調査(担当:根岸洋・中川秀幸)

3. 地域貢献活動

  1. 大館市観光施策アドバイザリー事業(担当:名越健郎)
  2. 史跡等多言語翻訳事業(担当:豊田哲也)
  3. Googleマップ公共交通情報事業(担当:豊田哲也)

4. 県内企業との連携―人材育成の取り組み

  1. AIUデザインLAB(担当:米田裕之)
  2. JR東日本寄附講座(担当:根岸洋)

5. 地域貢献に関わる支援

現在のプロジェクトのリスト

  1. 教員プロジェクト
  2. 学生プロジェクト

6. 国内外の研究者との連携

これまでの国内外の研究者との連携実績については、こちらのリストをご覧ください。

令和元(平成31)年度の取り組みを紹介します。

平成30年度の取り組みを紹介します。

平成29年度の取り組みを紹介します。

平成28年度の取り組みを紹介します。

平成27年度の取り組みを紹介します。