サンフランシスコ州立大学で打合せを行いました

本学の教員がカリフォルニア州を訪問し、サンフランシスコ州立大学の教職員と協議を実施(2012.8.15-23)

本学の熊谷嘉隆教授(国際連携部長)、縣正彦客員教授が8月15日から23日にかけてサンフランシスコ州立大学を訪問し、同大学の担当教員であるJan Ahrens講師及びYenbo Wu国際教育担当副部長と、来年度6月から8月にかけて共同で実施予定のProject-based Learning(PBL)科目について協議を行いました。

Project-based Learning(PBL)科目について協議

Project-based Learning(PBL)科目について協議

このPBLは観光ビジネスをテーマに、日米両国のビジネス・カルチャーの違いやマーケティング、ブランド化戦略等について学び、それを基に秋田を中心とする観光戦略について考察するものです。サンフランシスコ滞在中は、サンフランシスコ市内でのフィールド調査候補地の視察も行いました。今後、両校の教員が科目の内容をさらに協議し、2013年夏の開講に向け準備を進めていきます。