オレゴン州立大学の教員と打合せを行いました

オレゴン州立大学の教員が本学を訪問し、PBL科目の協議および日本のフィールド候補地を視察(2012.2.6-8)

オレゴン州立大学のJohn Bliss教授(Starker Chair, College of Forestry)、Kate MacTavish准教授(College of Public Health and Human Sciences)、Nancy Rosenberger教授(Anthropology)が、2013年度開講を予定している同大とのPBL科目について協議するため、2月6日から8日にかけて本学を訪問しました。

これまで事前に協議してきたPBL科目についての具体案を作成するため、今回の訪問では日米双方の担当教員が一堂に会し、学生の選抜方法、実施スケジュール、トピック、課題、アウトプットなどについて話し合いました。

また、日本でのフィールドとなる由利本荘市を視察し、市役所で藤原由美子副市長を表敬したのち、フィールド候補地となっている集落および施設などを訪ねました。

実際にフィールド候補地を目にすることで、より具体的な科目案が浮かび、3月にオレゴン州のフィールド候補地をAIUの教員が訪問することで、さらに科目の内容を詰めていく予定です。

AIUで授業内容を打合せ

AIUで授業内容を打合せ

由利本荘市を表敬訪問、副市長や関係部署の方々にPBL授業について説明

由利本荘市を表敬訪問、副市長や関係部署の方々にPBL授業について説明

直売所を視察

直売所を視察

雪が降る中、由利本荘市郊外の集落を視察

雪が降る中、由利本荘市郊外の集落を視察