授業概要

科目名

農村地域のレジリエンス(2015 夏 6月15日‐7月17日 5単位)

概要

今日、過疎高齢化は日本だけでなく一部の先進国が共通で直面している社会状況です。なかでも農村地域はその影響を最も受けやすく、今後どのように地域コミュニティを維持・発展していくかが重要な政策課題になっています。この授業では、農村が過疎高齢化にどのように対応し、新たな未来を切り拓こうとしているのか、という地域のレジリエンス(困難な状況から回復する力)について現場から学びます。フィールドワークを行うオレゴン州ワラワ郡および秋田県由利本荘市の集落で、農業と林業を活用した地域活動(農林業の作業、農村ビジネス、特産品の販売、住民との交流会、ホームステイ等)に学生が参加しながら、農村地域のレジリエンスを調査します。

担当教員
  • Dr. John C. Bliss (OSU)
  • Dr. Nancy Rosenberger (OSU)
  • Dr. Ayumi Sugimoto (AIU)
シラバス