授業概要

科目名
  • 災害と危機管理(2014 夏 5月19−7月4日 6単位)
概要

自然や人為的な災害に対して備えておくことは、現代地域社会の健康と繁栄を維持する上で重要な意味をもっています。しかし、近年の複雑な社会・技術システムの相互依存性、膨大な情報量、密接な関連性などは、このような災害の緩和や管理を難しいものにしています。

本コースでは、様々な災害の事例を使って、二国間におけるこのような複雑な政策課題、異文化理解、価値の相違、リスク認識などの問題の分析を行ないます。受講生は、仮想的に異なる立場を体験したり、災害を異なる側面から検討したり、日米の二つの地方自治体を比較したりする演習を、多くのグループワークを通して行なうことにより、単にPBLの様々な目的を達成できるだけでなく、災害と危機管理に関する深い理解と応用力を身に着けることができるようになると期待されます。

担当教員
  • Dr. Lina Svedin, University of Utah
  • Dr. Ron Hrebenar, Akita International University
シラバス
担当教員からのコメント