Award for Excellence in Education Abroad Curriculum Designの受賞式が行われました

PBL_12015年3月27日(金)、米国ニューオーリンズで、第11回Forum on Education Abroad年次総会が開催され、昨年本学と米国ディキンソン・カレッジとが協働開講し、海外教育カリキュラムデザイン優秀賞を受賞した、課題解決型科目「Living Well in Later Life-地域コミュニティと高齢化対策」の授賞式が行われました。式には、ディキンソン・カレッジの担当教員のほか、本学で同科目を担当した熊谷嘉隆教授も出席し、協力関係各者への謝辞を述べました。

この賞は、米国内外約700の大学・高等教育機関、海外教育プログラム提供・開発業者で組織される同フォーラムが、高い教育効果を挙げた画期的な海外学習プログラムを表彰するもので、同科目の、国境のみならず、学問分野の垣根を越えた構成、実施を評価されての受賞となりました。

この科目では、昨年5月中旬から7月中旬にかけて、文部科学省による「大学の世界展開力強化事業」の支援のもと、日米両国の学生チームが、ペンシルバニア州カーライル、秋田県由利本荘市を拠点に、両地域に共通する高齢化、人口減少の課題に取り組みました。地域住民へのインタビュー、アンケート等を通じ、高齢者の生活の質の現状とあるべき姿を模索し、各地調査終了後、地域住民を招いて最終調査報告会を実施しました。

関連リンク
  • YouTube(GSP392:地域コミュニティと高齢化対策)担当教員からのコメント 01 | 02 | 03
  • 科目詳細 日本語英語
  • 文部科学省による大学の世界展開力強化事業についての詳細はこちらをご覧ください。