由利本荘市アグリフォーラムで授業成果を報告しました

由利本荘市アグリフォーラムで授業成果を報告しました(2013年3月15日)

地域発展論授業の担当教員である椙本歩美講師(基盤教育)が、由利本荘市アグリフォーラムで授業成果を報告しました。本授業はPBL事前履修科目です。フィールドワークを通して現場で学ぶ感性を養い、地域住民のライフストーリー(人生物語)の記述を通して他者への想像力を持つ人材育成を目指しています。

地域発展論HP写真20130315

由利本荘市の農家民宿経営者のライフストーリーを記述することで、学生は理論と現実が一致しないこと、地域発展では地域にいる人びとの多様性に着目する大切さを学びました。

また語り手となった住民の方々からは、学生による聞き取り調査を通じて、人生の振り返りや、改めて自分を見つめ直すことができたとの声が寄せられている点も紹介しました。

このように由利本荘市アグリフォーラムにて、学生・住民・教員それぞれの学びを広く報告することができました。また授業成果は(1)報告会、(2)報告書、(3)ホームページで公開していることも紹介しました。

報告後、フォーラムに参加していた住民の方々からは、「大学との連携をこれからも続けたい」との声が寄せられました。また由利本荘市職員の方々は、「新しい視点を得ることができた」、「人の大切さを再認識した」などの感想をいただき、その後も活発な議論をすることができました。

本報告は、大学の世界展開力強化事業における教育内容の可視化・成果の普及の一環です。今後も授業成果を広く公開し地域に還元しながら、より開かれた大学教育の実現を目指していきます。改めて2012年度地域発展論にご理解ご協力いただいた、由利本荘市職員ならびに地域住民の皆様に心より感謝申し上げます。

関連リンク