24時間365日開館の図書館

国際教養大学の図書館は、眠ることなく、学生たちを受入れています。

「いつでも勉強する場を提供したい。」大学のそんな思いが、この図書館には込められています。この図書館は、「本のコロセウム」をテーマとした全国的にも例をみない「半円」のユニークなデザインの木造と鉄筋コンクリートの複合建築物です。県特産の秋田杉をふんだんに使用し、伝統技術を生かした傘型屋根が、圧倒的な存在感を示すと同時に、美しい杉に囲まれた安らぎと落ち着きを利用者に与えてくれます。

国際教養大学図書館の内観写真

一度に300人が利用できる閲覧室

蔵書・資料数(2013年4月現在)

国際教養大学図書館の蔵書写真

学術書が中心で、日本の歴史、文化に関するもの、言語・文化に関する洋書を豊富に所蔵しています。

図書 70,478冊(洋書46,338冊、和書24,140冊)
学術書が中心で、日本の歴史、文化に関するもの、言語・文化に関する洋書を豊富に所蔵しています。和書については、大規模な蔵書量を誇る秋田県立図書館と相互協力協定を締結し、国際教養大学にいながら県立図書館の図書を送料無料で借りられるサービスを提供しています。
CD・DVD 2,749点
洋雑誌 106タイトル
和雑誌 76タイトル
新聞 11タイトル
オンライン・データベース 11種類「PROQUEST」「Nikkei Net」など

図書館のデザイン

本学の図書館は、「本のコロセウム」をテーマとしたデザインで、天井高12メートル、半径22メートルの半円ホールは、秋田県産のスギが使われています。6本の支柱が天井を支える伝統技術を生かした傘型の梁は、木材の美しさを強調し、そのあたたかみを利用者に感じさせる繊細で深遠な空間となっています。

また、半円形に広がるばかりではなく、段状にも広がるコロセウム状の空間は、中心部の座席に対しては本に囲まれる喜びを、段状の外周部の座席に対して展望的な景観を提供し、利用者の気分に合わせて学習意欲を喚起します。

国際教養大学図書館の内観写真

6本の支柱の背面から閲覧室を眺める

国際教養大学図書館の内観写真

半円の和傘を思わせる勇壮なデザインの閲覧室

図書館の概要

完成年月日 2008年3月
延床面積 4,054.78㎡
構造 木造・鉄筋コンクリート造・鉄筋造 地上2階
図書収容能力 13万冊(開架8万冊、閉架5万冊)
閲覧席 300席
開館時間 学生・教職員は24時間、365日利用できます。一般利用者用の開館時間はこちらをご覧ください。
国際教養大学図書館のフロアプラン

フロアプラン