国際教養大学の入学から卒業までの4年間、英語力を身に付け、様々なカリキュラムを学びます。

curriculum2014

prof_pd_s

国際教養大学に入学すると最初に英語集中プログラム(EAP)でアカデミック・イングリッシュを学びます。本学や留学先の大学において、英語で行われる講義を聴き、理解し、自らの考えを発信して、論文をまとめるなど、学問を深めていくために必要な英語力を修得します。

02 (7)

基盤教育(BE)は、EAPやEAPブリッジ・プログラムで、大学の講義を受けるために必要な英語力と学習スキルを身に付けた学生が進む次のステージです。基盤教育では、幅広い分野の学問に取り組むことにより専門性を確立するための礎を築きます。

03 (6)

グローバル・ビジネス課程(GB課程)は、世界を舞台にした厳しい競争の場で各国の企業人と競うための能力を磨くと同時に、品格と志のある、国際的な場においても尊敬される人材を養成します。

mizuno_s

グローバル・スタディズ課程(GS課程)では、韓国、中国、台湾、ロシアといった日本と密接な関係を持つ北東アジアや東南アジアの諸国、北米やヨーロッパの主要国の歴史、政治、経済、社会、文化及びそれらの国家や地域間の相互関係、国連や世界銀行などの国際機関や地域協力機構も含め、現代の世界を自由な発想で学ぶことができます。

mrsatoh

教職課程は、高等学校教諭一種免許状(英語)を取得するためのプログラムです。英語集中プログラム(EAP)、基盤教育(BE)を通して身に付けた高度な英語力、必修の「留学」で体得した国際感覚や実践的コミュニケーション能力を生かして、次の世代を育てる使命を担う英語教員を養成します。

jsp_s

日本研究プログラムでは、その名のとおり「日本」という国を様々な視点から学びます。世界各地から訪れている留学生と机を並べて学ぶことで、日本への理解を一層深めることができます。

mssugiyamasn

日本語プログラムでは、日本語の運用能力を高め、日本文化への理解を深めるために、世界各国から集まった留学生たちが学んでいます。

academicinfo001_s

アカデミック・カレンダー、開講科目、時間割、科目概要(シラバス)など、履修や授業に関する詳細情報を提供しています。