メインコンテンツへスキップ

国際教養学部

国際教養教育とは

国際教養大学の教学理念「International Liberal Arts」

国境を越えて多面的な交流が進むグローバル化の時代には、多様な価値観や世界観を互いに認め合い、諸問題の解決に努めながら、それぞれが未来を切り拓いていく力が求められます。

こうした認識のもと、国際教養大学は、独自の教学理念「国際教養(International Liberal Arts)」を掲げ、「豊かな教養」「グローバルな知識」そして「卓越した外国語の運用能力」を身に付けた、世界を舞台に活躍できる真の国際人を養成します。

「国際教養教育」の目的は、特定の専門分野の深い知識を身に付ける専門教育とは異なり、①学びや経験を通した知識と理解の広がり、②問題解決のためのスキル、③新たな探究心や創造的な思考力の修得を通じて、複雑化し変化を続ける現代社会の中においても、専門性に頼り過ぎず適切な判断を下せる多角的な視点を身に付けることにあります。

本学の「国際教養教育」は、広範な分野にわたる授業を全て「英語で学び、英語で考える」ことはもとより、徹底した少人数教育、1年間の海外留学義務付け、多文化が共生するキャンパス環境、「三言語主義(母語、英語、第二外国語)」などが相互に作用し、明日の日本を担うグローバル・リーダーに必要な学識、道義、発信力、そして、異文化理解の精神を踏まえた外国語のコミュニケーション能力を養うのです。

国際教養大学は、「国際教養(International Liberal Arts)」こそが、未来に通じる教学理念だと考えています。

大学名に込められた教学の理念
大学名称案を走り書きした封筒裏面の写真

中嶋嶺雄初代学長が遺した大学の名称案の走り書き。

「わが国の高等教育から失われた豊かな教養教育の確立と 実践的な外国語コミュニケーション能力の養成を目指す大学を」

いくつもの案を検討する中で、その想いと理念がフォーカスされていった過程が見えるようです。

国際教養教育

国際教養大学は、その教育プログラムや諸活動にグローバルな視野を組込み、カリキュラムの全てを英語で実施し世界の人々と効果的に理解し合えることの重要性を強調し、広範にわたる国際的な学術交流ネットワークを構築し全ての学生に一年間の留学を義務付け、キャンパスに多文化の学生の学住環境を形成し、大学全体を通じて教養教育の精神を涵養するとともにこれを振興することを通じて、グローバル化時代の新たな教育ブランドである教育―国際教養教育を創始した。

国際教養教育の教育目標

国際教養大学は、その国際教養教育を通じ、学生に以下の知識、技能、能力及び態度を身につけさせ、グローバル社会に貢献できる人材に育てることで、その使命を果たすものである:

  • 多様な文化と言語的背景を持つ人々と関わり、効果的に協働することを可能にする英語及びその他の言語を操る能力
  • 世界の文化、人間社会と自然界の広範に亘る知識
  • 自己の文化とアイデンティティに対する深い認識
  • 現代の複雑な課題を多面的に理解すること
  • 理論に基づく洞察力、論証力、探求力、自省と思慮深い行動に必要となる知識及び実践的技能
  • 知識、理論、情報を統合する能力
  • 創造力と、自律的に考え情報に基づき判断できる能力
  • 地域及び世界レベルの社会構成員としての認識と活動の源となる個人的及び社会的責任感

国際教養学部 ミッション・ステートメント