寄付者様のメッセージ紹介

寄付者様のメッセージ紹介

寄附のお申し込みの際に入力していただいたメッセージを御紹介いたします。

お名前の公表を希望されない方からのメッセージは、出身都道府県のほか「卒業生」「卒業生の保護者」「元教職員」などとして掲載させていただいております。個人情報に関わる部分など、メッセージの一部に修正を加える場合がありますので、あらかじめ御了承ください。

 

◇ 柘植 和幸 様(愛知、在学生の保護者様)

“憧れの大学に入学でき、親子共々喜びに満ちております。
若人の夢を叶える貴学の益々の発展を期待しております。”

(2022年4月21日)

 

◇ 及川 徳康 様(岩手、在学生の保護者様)

“今春より親子の憧れだった貴学に、息子が入学しました。
微力ながらこれからも応援させていただきます。
貴学の益々のご発展をお祈りしております。”

(2022年4月18日)

 

◇ 匿名希望 様(茨城、卒業生の保護者様)

“2021年3月まで子供が4年間お世話になりました。卒業式がオンライン開催だったのはとても残念でしたが、コロナ禍でも学生のことを一番に考えてくれたこと、その他のことも含め非常に感謝しております。今後も貴学を応援しています。

4年間のAIU時代に経験したこと、出会った人たちへの感謝の気持ちを忘れないで!”

(2022年4月5日)

 

◇ 佐藤 道子 様(島根、在学生の保護者様)

“学びを支えて下さっている全職員の皆様、秋田県の皆様に感謝申し上げます!!”

(2022年3月23日)

 

◇ 戸澤 美奈子 様(秋田、在学生の保護者様)

“コロナ禍にあってなお、どんな困難な時にでも、学生の安全を第一に考えてくださったことは、親としてとても有り難かったです。今後の国際教養大学の益々の発展を心からお祈り申し上げます。”

(2022年3月14日)

 

◇ 鈴木 陽太 様(秋田、卒業生)

“AIUで学んだことのすべてが今の自分の原点です。

どんなに困難なことがあって辛いときでも、いつも思い出すのはAIUでの充実した日々です。そのことを思い出すたび、まだまだ頑張らないといけないと自らを奮い立たせています。

開学20周年を迎えるAIUの益々のご発展をお祈り申し上げます。”

(2022年2月16日)

 

◇ 白土 愛美 様(神奈川、卒業生)

“在学生がより充実した学生生活を送れることを心より願っております。”

(2021年12月15日)

 

◇ 匿名希望 様(東京、一般の支援者様)

“開学20周年おめでとうございます。
貴学の益々のご発展をお祈り申し上げます。”

(2021年11月16日)

 

◇ 金田 陽平 様(秋田、一般の支援者様)

“仕事で視察研修をさせて頂いた際に伺った、世界で活躍できるグローバル人材の育成方針やカリキュラムに感銘を受けました。
このような素晴らしい大学が秋田にあることを誇りに思っています。

在学生、卒業生のみなさんのご活躍を心から期待しておりますとともに、開学20周年を迎える貴学の、今後益々のご発展を祈念いたします。”

(2021年7月27日)

 

◇ 田中 慧 様(東京、卒業生)

“少しだけオトナになったので、少しだけ恩返しさせて頂きます。各分野で尖ったリーダーが数多く輩出され、一緒にお仕事できることを楽しみにしてます。いつまでもワクワクする国際教養大学でいて下さい。”

(2021年5月17日)

 

◇ 匿名希望 様(埼玉、在学生の保護者様)

“娘へ

入学おめでとう。AIUで良い友達を作り、有意義な大学生活を送ってください。”

(2021年4月12日)

 

◇ 藤井 賢治 様、真理子 様(東京、在学生の保護者様)

“子供が大変お世話になっております。

今般のコロナ禍におきましては、安全第一のご対応を講じて頂きありがとうございます。大学では国際的に貢献する立派な人材育成を実践されており、感銘いたしました。教職員の皆さまをはじめ、秋田県民の方々にも大変感謝しております。今後の貴学のさらなるご発展を祈念いたします。”

(2021年3月9日)

 

◇ 佐藤 道子 様(島根、在学生の保護者様)

“開学20周年おめでとうございます。更なる発展をお祈り申し上げます。子供が国際教養大学で学ばせていただいており、感謝しております。”

(2021年3月3日)

 

◇ 名越 健郎 様(神奈川、本学教員)

“秋田で日本一は、AIUと秋田犬です。新しい歴史を作ってください。”

(2021年3月1日)

 

◇ 匿名希望 様(大阪、卒業生)

“コロナは本当に難儀ですが、学生、先生、スタッフの皆様にはなんとか頑張っていただければと思います!

在学生のみなさん、AIUライフは楽しいですが、社会人になるともっと楽しいですよ。いっしょに世界を変えていきましょう!”

(2020年12月7日)

 

◇ 森田 理紗 様(東京、卒業生)

“AIUを応援しております!”

(2020年7月5日)

 

◇ 戸出 三由希 様(東京、卒業生)

“大学関係者や後輩学生たちの変わらぬ情熱と時代に合わせた柔軟な姿勢や改革で、秋田から世界に羽ばたくグローバル人財が多く育まれていると思います。大学一期生として、本当に誇らしく、私の人生のターニングポイントです。

在学中は経済的な事情で退学寸前まで行きましたが、多くの職員の皆さんに助けられて、奨学金で就学できました。ようやく今年返還も終わり、現在はグローバルな環境下で世界中の人と仕事ができ、刺激的な面白い日々を過ごています。全てはAIUのおかげです。ささやかではありますが寄付させていただきます!大好きな大学とそこで学ぶ学生の為に、また折を見て寄付させていただきます。”

(2020年6月19日)

 

◇ 串山 寿 様(千葉、在学生の保護者様)

“在学生、卒業生及び大学の更なるご活躍、ご発展をお祈りしております。いつも子供が大変お世話になっております。教職員の皆様には大変感謝しております。卒業まであともう少しですが、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。”

(2020年6月8日)

 

◇ 佐川 日奈子 様(秋田、卒業生の保護者様)

“COVID-19後の世界をつくるのはAIUスピリッツをもった若い力です。これからがAIUの本領を発揮すべき時代、応援しています。厳しい課題、誰も知らない場所での留学等、大学で経験したことは大きな財産。有効に活用し、世の中の役に立つ人間に育ってほしい。国際教養大学が、深い思考力、判断力、言葉で説明する力など、世界の難局を乗り越えるために必要な人材を育て、様々な場面で活躍してくださることを信じています。”

(2020年4月18日)

 

◇ 匿名希望 様(神奈川、在学生の保護者様)

“子供がいつもお世話になっております。新型コロナウイルス感染防止対応では、迅速かつ適切なご対応ありがとうございました。 大学の皆様は大変なご苦労と拝察いたします。今後もAIUが長く存続できますようお祈りしております。”

(2020年4月10日)

 

◇ 増子 里美 様(東京、卒業生の保護者様)

“3月の卒業式に出席できなかった卒業生全員に、無期限に参加する機会を作っていただき、ありがとうございました。世界中に学友がいるAIUの学生と卒業生にとって、本当に日々つらいニュースや自粛活動が続いています。その中で学長のあたたかいメッセージに心から感謝申し上げます。新しい試みに挑戦されるAIUに勇気を与えていただいております。苦難を乗り越えてさらなる発展とご成功をお祈りいたします。”

鈴木学長のメッセージ動画はこちらからご覧ください。

(2020年4月7日)

◇ 堀口 克己 様(東京、卒業生の保護者様)

第10期卒業生の保護者です。今般の新型コロナウイルス感染症予防対策としての貴校の危機管理対応に感銘しました。特に、オンラインによる遠隔授業の採用などは、貴校が既にグローバルな教育システムを採用していることが良く分かりました。今後も留学生の受け入れ、送り出し等でご苦労が多いことと存じますが、応援しております!今年も微力ではございますが、貴校ご発展のためにお役立てください。

国際教養大学の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応については、こちらをご覧ください。

(2020年4月3日)

◇ 匿名希望 様(秋田、一般の支援者様)

“この熾烈なグローバル社会で1人でも多くの課題解決能力を養った学生が社会に出ることを期待しています!頑張ってください!”

(2019年12月19日)

 

◇ 大内 政照 様(卒業生の保護者様)

“世界で活躍する人材を育成して下さい。”

(2019年12月10日)

◇ 匿名希望 様(在学生の保護者様)

“今後の大学の益々のご発展を期待いたします。”

(2019年10月29日)

◇ 匿名希望 様(在学生の保護者様)

“日本全国から集まる学生や海外から集まる留学生にとって、国際性に富んだ「学習・生活一体型キャンパス」が基盤となるよう、生活環境の改善を切に願います。”

(2019年8月28日)

 

◇ 三栗野 美佳子 様(東京、一般の支援者様)

“夏季キャンプなどで、娘がAIUの学生さんにお世話になりました。昨日も一緒にカレーを作って食べたそうです。AIUの学生さんは自立していて、能力の高さがうかがえます。この大学が永続的に続きますように。

質の高い教育、企業・海外からの評価など、もっとPRしていってほしい。また、県外の小中学生に対しても、AIUの先生・学生さんと触れ合えるような機会(キャンプなど)をもっとつくってほしい。”

(2019年8月8日)

 

◇ 畠山 純 様(在学生の保護者様)

“開学15周年、秋田の地で世界標準の国際教養教育を発信するAIUを、誇りに思います。在学生、卒業生たちのさらなる飛躍を応援しています。”

(2019年8月1日)

 

◇ 松生 繁 様(在学生の保護者様)

“道なき道を切り拓くAIUであり続けてください!これからもずっと応援しています。”

(2019年7月26日)

◇ 塚本 和弘 様(大阪、在学生の保護者様)

“話題の大学として雑誌に紹介されるなどご活躍を目にすることも多く改めて感銘を受けております。今後ともさらなる発展を心よりお祈り申し上げます。子供が抽選で学生宿舎に入れなかったのがとても残念です。1人でも多くの学生が学生宿舎に入れるように願っております。秋田ライフを楽しんで下さいね。いつも応援しています。”

(2019年7月19日)

◇ 小林 雅枝 様(茨城、卒業生の保護者様)

“卒業生の保護者として、末永く大学が続いてほしいと思っています。”

(2019年7月18日)

◇ 匿名希望 様(在学生の保護者様)

“今後益々のご発展を祈念致します。”

(2019年7月5日)

◇ 白井 芳子 様(卒業生の保護者様)

“子供がたいへん御世話になり、ありがとうございました。貴大学の素晴らしい教育システム、内容、サポートに感謝しています。益々の御発展を御祈りしています。”

(2019年7月5日)

◇ 井原 裕之 様(在学生の保護者様)

“特色ある教育環境の中、社会に役立つ充実した学生生活を送られると期待しています。応援すると共に、貴学の更なる発展を祈念します。”

(2019年7月2日)

◇ 匿名希望 様(在学生の保護者様)

“子供は合格通知の熱きメッセージに感銘を受け、併願校の合格を辞退して御校を選んで入学致しました。語学だけではない真の教養教育により、よき社会人へと成長させていただくことを希望します。よろしくお願い致します。”

(2019年6月20日)

 

◇ 匿名希望 様(千葉、在学生の保護者様)

“特色ある教育環境の中、社会に役立つ充実した学生生活が送られると期待しています。応援すると共に、貴学の更なる発展を祈念します。”

(2019年6月12日)

 

◇ 匿名希望 様(在学生の保護者様)

“日本の大学は大教室に大勢の学生、教師の講義を聞く授業というスタイルが一般的である中、国際教養大学では、少人数教育、学生が主体となる授業、授業以外の時間も学習しなければ追いつかないという勉学中心の大学生活を経験できます。娘が学生ならではの生活を経験できていることを、親として心からありがたく思っています。”

(2019年6月4日)

 

◇ 佐藤 大輔 様(鹿児島、在学生の保護者様)

“大学教育の存在意義が問われる中、本当の意味での大学であり続けるよう、心より応援しています。どうしても入学したかった国際教養大学で、心置きなく勉学に励んでください。将来は国際的に活躍することを願っています。”

(2019年6月3日)

 

◇ 畠山 純 様(秋田、在学生の保護者様)

“世界、日本、秋田の誇りとして、これからも国際教養大学を応援します!ダイヤモンドの原石たちよ、自己を磨いて、世界へ、そして世界から自分だけの輝きを放て!教員の皆様並びに関係者の皆様の学生に対する熱意、情熱に深く感銘を受け、そして感謝しております。これからも多様なグローバル人材育成のためによろしくお願いします。学報の発行、心待ちにしています。”

(2019年5月30日)

◇ 匿名希望 様(在学生の保護者様)

“これからもグローバルで優秀な人材を育成・排出し続けていただきたいと思っております。”

(2019年5月22日)

◇ 匿名希望 様(大阪、在学生の保護者様)

“世界大学ランキングでの評価を大変誇りに思っております。AIUの益々の発展を願っております。”

(2019年5月14日)

◇ 千葉 真琴 様(東京、卒業生)

“教育の質を高め続け、世界に通用する人材を輩出して欲しい。そして日本、世界に貢献する人材が増えて欲しいと願っています。今回の寄付には妻と私の想いを込めています。”

(2019年4月24日)

◇ 松並 拓三 様(北海、在学生の保護者様)

“今年から子供がお世話になります。「頑張る学生を応援する大学」と感じています。施設の古さが確かに有るようですね。少しですが未来有る子供達に使って頂きたいと思います。宜しくお願い致します。”

(2019年4月22日)

◇ 匿名希望 様(卒業生の保護者様)

“今年、子供が無事に卒業いたしました。長い間お世話になり、ありがとうございました。素晴らしい大学です。これからもご活躍を期待しています。”

(2019年4月16日)

◇ 匿名希望 様(卒業生)

“今の自分があるのはAIUでの学びのおかげです。益々AIUが発展することを祈っています。”

(2019年4月11日)

◇ 堀口 克己 様(東京、卒業生の保護者様)

“国際教養大学の建学コンセプト・プログラムは開学から20年経った現在においては、国内他大学の追随もあり、もはや、独自のプログラムではなくなりつつあります。国際教養大学のさらなる継続的な発展のためには、より一層充実したプログラムの創造と実現が必要であると強く共感いたしましたので、本事業にお役立ていただきたく寄附を申し上げます。

とりわけ力を入れていただきたいのは以下の3つの項目です。

  • 優秀な教職員(次世代を担う研究者、教育者および職員)の確保
  • 授業 プログラムの拡充(AI、IT、プログラミングなど)
  • 上記の情報発信

これからも応援しております!!”

(2019年3月22日)

◇ 匿名希望 様(秋田)

“秋田に国際教養大学があることをとても誇りに思います。益々のご発展をお祈り申し上げます。”

(2019年3月14日)

◇ 縣 正彦 様(神奈川、本学教員)

“国際教養大学の教壇に立って満10年となった折に、開学20周年の記念事業に寸志をお届けできることを光栄に存じます。

日本の青年が地元コミュニティのため、日本のため、そしてより良き世界のために貢献しようと、青志を抱いて世界の舞台に立つことを促し、支援することをモットーとして創立され、発展してきた国際教養大学は、さらに有意義な教育の場となる可能性を秘めています。

「グローバルリーダーを目指せ」というスローガンの内容をさらに研ぎすまし、全学が目標を一層明確に共有し、有効なプログラムと体制を充実させていくことにより、建学のミッションを力強く果たすことを、心から祈り、願います。”

(2019年3月5日)