メインコンテンツへスキップ

重要なお知らせ

2020.08.05 15時34分

2020年秋学期の授業体制及び入学式の開催について【更新】

学生の皆さんへ

春学期のオンライン授業は、皆さんの前向きな取組姿勢のおかげで無事に終了することができました。未曽有の非常事態下においても忍耐強く学び続けた皆さんを誇りに思います。

さて7月3日に、秋学期の授業体制については、新入生と一部の在学生をキャンパスに受け入れ、オンライン、パラレルそして対面授業を実施すると発表しました。その後、特に7月半ば以降における新型コロナウイルス感染者数の急増を受け、本学産業医を含め、学内で再検討を行って参りましたが、感染経路不明者を含め感染拡大については好転の兆しが見えない現状下、本学の学修・居住一体型キャンパスに300人程度といえども感染拡大地域を含む全国各地から皆さんをキャンパスに受け入れることは、大きなリスクを伴うと判断せざるを得ません。また、秋田県知事はこの8月3日の記者会見を通して、首都圏をはじめ感染拡大地域を例示しながら、県を跨ぐ移動について強い注意喚起を行いました。こうした状況を踏まえ、本学としては、秋学期(9月ー12月)も引き続きキャンパスを閉鎖し全面的にオンライン講義を行うという苦渋の決断をするに至りました。

キャンパスでの生活を楽しみにしていた皆さん、特に新入生の皆さんにとっては憧れのキャンパスで友人や教職員と交流できないことは本当に残念なことだと思います。上級生にとってもこの場所が心の拠り所であることは十分わかっています。我々も何とか皆さんをキャンパスにお迎えすべく、ぎりぎりまで準備をしてきましたが、7月3日発表時点前1週間における全国平均感染者数は125人/日、7月27日から8月2日は1,227人/日であり、わずか1か月で感染者数が約10倍に拡大している事実に鑑みますと、当初の計画を実現するにはリスクは過大と言わざるを得ず、本学としては学生の皆さんと教職員の健康と安全を優先しなければなりません。また、大学は、公器でもあります。キャンパスから秋田の地域社会へ感染を拡げるようなことがないよう努める社会的責任もあります。

我々は今後、皆さんの安全確保とともに、卒業に向けての安定的な学修プログラムの提供を最重要課題として確実なものとして参ります。しかし、本学はそれにとどまらず、オンラインであっても海外提携校と連携した取組や地域交流などを展開し、皆さんの希望を叶えることができるような方策をできる限り展開していきます。

秋学期は予定通り9月7日から授業を開始します。また予定していた入学式もオンラインで実施する予定です。これから1か月ほどの夏休みとなりますが、春学期の疲れをしっかり癒し、行動制約の中でもそれぞれの夏休みを充分堪能し、心身ともにリフレッシュした状態で秋学期に臨んでくださればと思います。感染の収束にはまだ時間がかかるかも知れませんが、この未曽有の困難に絶対打ち負かされない、との強い気持ちをもって引き続き一緒に前に進んでいきたいと思います。

国際教養大学 学長 鈴木典比古

入学式の開催方法の変更について【更新】

9月6日(日)に予定していた2020年度入学式については、開催日はそのままに、開催方法を対面からオンラインに変更し実施することとします。

  • 日時:2020年9月6日(日)午前11時~
  • 開催方式:オンラインビデオ会議システム:Zoom
  • 参加対象者:2020年4月入学生及び9月入学生
  • 式次第(予定):入学許可、学長式辞、新入生代表スピーチ等

その他:

  • 秋学期の授業開始は9月7日(月)を予定しております。
  • 詳細については対象者へ別途ご連絡いたします。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への本学の対応

最新の情報については、こちらのページをご覧ください。