メインコンテンツへスキップ

重要なお知らせ

2021.02.04 11時25分

2021年度春学期における専門職大学院の授業について

入学予定の皆さんへ
在学生の皆さんへ

本学専門職大学院における春学期の授業は、熟慮の結果、すべてオンラインにて実施することにいたしました。ご存知のとおり本学の専門職大学院は、高度専門職を育成するため、密接なコミュニケーションを通した指導、ディスカッションやグループワークを中心とした濃密な授業を行うことを信条としています。

日本国内における新型コロナウイルスの感染状況は、緊急事態宣言の延長が決定されたことなどから、4月以降に通常の授業ができるとは考えられません。教室内では着席する学生間の距離を保たねばならず、有効なディスカッションは困難でしょう。また、教員も学生もマスクやフェイスシールドをすれば口元が見えず、支障が生じることが見込まれます。また、多くの外国人学生が日本に入国できない状況となっています。皆さんが、感染リスクを気にせずにコミュニケーションをとり、海外の学生ともディスカッションを行う最も効果的な授業方法はオンラインであるという結論に至りました。

住居についてですが、春学期の授業形態をオンラインとしますので、それぞれの居住地で履修が可能です。大学院生用のグラデュエイトハウスは、対面授業を再開できる目途が立つまでは入居募集は行わないこととしますので、秋田に来ることを希望される場合は学外のアパートに入居していただくことになります。その場合は、バス等を利用のうえキャンパスに来て、図書館、カフェテリア、院生研究室(ただし、使用できる座席数はかなり限定されます)などの学内施設を利用することが可能です。

県外から秋田市内に転居する院生については、感染予防のため、到着から2週間の経過観察期間を経た後に学内への立入を許可します。キャンパスへの入構にあたっては、県内、県外に居住しているかを問わず事前に入構申請が必要です。

2年間という短い大学院の学びにおいて、何を優先すべきかを考えた結果、秋田での生活の想い出もさることながら、高度職業専門家としての実力をしっかりと身に付けていただくことが本学の使命と考え、このような決定となりました。どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。

国際教養大学 副学長 熊谷嘉隆