メインコンテンツへスキップ

重要なお知らせ

2020.03.23 19時41分

春学期からの履修等に係るQ&Aを掲載【新入生向け】

新入生の皆さんへ
保護者の皆さまへ

合格おめでとうございます。これから始まる大学生活への期待に心躍らせながら入学の日を待ち望んでいたことと思います。3月19日に、本学鈴木典比古学長より、新入生の2020年春学期入寮を見送るとともに、授業開始日を4月20日に延期し、2020年春学期はすべてオンラインによる遠隔授業で実施するという方針が示されました。これを聞いて、緑豊かなキャンパスでの大学生活を思い描いていた皆さんは、驚かれたでしょうし、不安を感じていることと推察します。

鈴木学長のメッセージにもありましたように、本学は、春学期に世界各地の提携校から約130名の留学生を、そして日本全国から約200名の新入生を迎えて、学生・教職員が共に成長する「全人教育」をこのキャンパスで展開する予定でおりました。

今年に入ってから猛威をふるっている新型コロナウイルスは、現在も収束の目処が立たず、クラスター感染が最も危険であると指摘されているのはご存知の通りです。本学のように、日本のみならず世界各地から学生が集まり、800人以上が24時間集団生活を送る学修・居住一体型キャンパスでは、このクラスター感染のリスクが通常の大学に比べて極めて高いと言わざるを得ません。1人でも罹患者が出た場合は、全ての授業を急遽中止し、罹患者が接触したと考えられる学生、教職員をすべて隔離すると同時に、使用した教室、寮、食堂等を閉鎖するなどの措置をとる必要が生じます。国際教養大学にとって最も重要なことは、皆さん一人ひとりの安全の確保であり、次に確実な学習機会の保障です。本学が打ち出すあらゆる対策は、ここを基点にしていることをまずご理解いただきたく思います。

2020年春学期の科目をオンライン開講としたことで、規定の単位が履修できるのか、留学・卒業の時期に影響は出るのかなどの不安や疑問を抱いていることでしょう。端的に答えますと、科目の履修、留学や卒業の時期には影響が生じないように方策を講じています。すべての科目をオンライン授業での開講としたのは、まさにそのためなのです。

「学びの質」ついての不安もあることでしょう。オンライン授業であっても、着実に力を身に付けられる方法を準備して授業を開始しますので、心配は無用です。

新型コロナウイルスは、全世界を不安と混乱に落とし入れていますが、こうした苦難を乗り越え、むしろ糧とする能力を備えた人材こそが、AIU生が目指すべき姿であることを心に留め、高い志を持って学びを進めてください。

2020年春学期の履修について想定される皆さんからの質問をQ&Aの形でリストアップしましたのでご覧ください。リストは、随時更新し、新たな疑問にも答えていく予定です。

国際教養大学 副学長 熊谷嘉隆