メインコンテンツへスキップ

カリキュラム

基盤教育

基盤教育(BE)は、EAPを修了した学生が進む次のステージです。基盤教育では、幅広い分野の学問に取り組むことにより専門性を確立するための礎を築きます。

教員からのメッセージ

マーチン・シュローダー基盤教育代表の写真

Basic Education: A Magical Journey Begins

There is only one education at AlUーInternational Liberal Arts Educationーwhich will guide you from your first days in EAP to the moment of graduation, or actually, we hope, through all your future life.

Basic Education (BE) is just a name for a stage of your study. It simply means that you have completed EAP, so you are ready for the academic adventures in the wide range of courses offered at AIU. At this stage, you have to acquire as wide as possible a perspective on the globalized world and you will learn multiple intellectual tools for this purpose.

Later, in the stage called Advanced Education, you will focus on some particular topic to hone your skills and knowledge acquired earlier. But do not limit yourself in your study too early. If you feel that your preparation in some subject is weak, your time of study in BE is the best time to make it up. Make sure that, through continuing effort and study, there are no disciplines or topics which could intimidate you. But the most important thing is to learn that learning is fun. There is no better source of satisfaction than removing obstacles on the way to understanding and in solving problems. I wish you a lot of fun in BE.

マーチン・シュローダー Dr. Marcin SCHROEDER
基盤教育代表/教授

サルバドル・ムルギヤ准教授による「社会学思潮と理論」の授業

特色1 幅広い学問分野

基盤教育科目には、「芸術・人文科学」「社会科学」「数学・自然科学」「学際研究」「世界の言語と言語学」「保健体育」など幅広い学問分野が用意されています。これらの分野から学問の基礎を幅広く学修することで知識や教養を深め、視野を広げ、個々の“知的土台”を築きます。同時に、物事を多角的な視点で観察・検証し、論理的に考える力を養います。この“知的土台”を構築することは、現代において急速に変わりゆく地域社会や国際社会のいかなる状況下でも、柔軟に対応できる豊かな人格を培う上で極めて重要です。

特色2 Later Specialization

基盤教育に幅広い学問分野と多種多様な科目があるのは、「もっと学びたい学問」と出会うためでもあります。基礎となる知識と教養を深めながら、自分の興味や学修意欲に沿って科目を選択することは、これから自分がより専門的に学びたいと思う学問を探ることにつながります。本学では、専門教養教育として、グローバル・ビジネス課程とグローバル・スタディズ課程があり、学生は基礎教育の科目を学びながら、どちらの課程を選択するかを考えていきます。

特色3 三言語主義と日本研究

本学では、母語と国際共通語としての英語に加えてもう一言語を学ぶことを推奨しています。基盤教育における科目には、中国語、韓国語、ロシア語、フランス語およびスペイン語があり、これらは、英語または各言語で授業が行われます。

また、英語で国際社会に関する事象を学ぶ一方、日本について学ぶ「日本研究」の分野が設けられています。日本文化に関する科目をはじめ、政治、経済、ビジネスや外交政策、言語に関する科目もあり、日本人としてのアイデンティティの認識を深めます。

学生紹介

堀晃希さんの写真

堀 晃希 Koki HORI (神奈川県/2017年入学)

本学への志望動機は?

英語で行われ、ディスカッションを多く取り入れるAIUの授業に惹かれたからです。留学生をはじめ、様々な背景を持つ人とお互いの価値観を問える環境は自分を成長させるには絶好の環境だと思いました。加えて、AIUでの勉強をサポートする24時間開館の図書館や寮生活が決め手となり、入学しました。

BEとEAPの違いは?

EAPはBE以降の英語授業に向けた準備なのに対し、BEでは実際にその英語力を使って様々な科目を学んでいきます。BEでは自身が関心を持つ授業を自由に組み合わせることができるため、その後勉強していきたい分野を見極める上で非常に大切なステップだと感じます。

特に印象に残ったBEの授業は?

「グローバル研究概論」です。この授業ではグローバルスタディズ課程(GS)の教授陣が自身の専門分野についての講義を交代で行います。ここで興味を持った分野はその後GSの授業でより詳しく学ぶことができるので、自分が関心を持つ分野を絞り込む上でとても参考になりました。

自分の成長をどのように感じましたか?

ディスカッションが多い授業やディベート部での活動を通して、単に意見するだけではなく、「なぜその意見なのか」という核心にまで思考が及ぶようになりました。周りと意見をぶつけ合い、考える経験が自身の思考により深みを与えてくれていると感じます。

AIUを目指す皆さんに伝えたいこと

AIUは小さな大学ですが、その分、国際色豊かな教授陣との距離感が近く、身近に学問を感じられます。加えて、様々な意見を持った人と交流することで自身の価値観がとても刺激されます。是非AIUで、今まで知らなかった学問や考えに触れ、勉強の楽しさを体感してください。

Koki’s Time Schedule

堀晃希さんの1週間の予定表
Pick up!
堀晃希さんの課外活動の写真

ディベート部に所属し、日々練習に励んでいます。大会直前は授業の合間を縫って1日に3回練習することもありましたが、そのおかげで2度の全国大会優勝を手にすることができました。忙しい時でも仲間とモチベーションを高め合って練習し、良い成績を残せたのは自身にとって大切な経験となりました。