メインコンテンツへスキップ

AIU TOPICS

2016.11.24AIU 生 Watch

AIU学生会活動レポート<第1回>

今年度、本学学生会では、冨田キアナ学生会長が、本学や他大学の学長、教授などご高名な方々を表敬訪問し、様々なテーマでお話を伺う活動を行っています。
今回から数回にわたり、その対談の概要をお伝えします。

第1回 グローバル化と作業言語について

対談:駒澤大学 各務洋子教授(グローバルメディア学部長) 
<対談日:9月23日(金)>

s001

AIU学生会での作業言語の英語化には、引継ぎや会計処理の関係で難しい問題があります。
しかし留学生の活動が制限されないよう配慮したい側面もあり、悩ましい状況です。

各務先生は『バイリンガルで行えれば良いが、時間的制約もある。日・英どちらかの言語で行う良い方法としては「属地主義(日本であれば日本語で)」があります』と、場所を基準にして考えることで世界各地からの留学生に対してもフェアな考え方に繋がると教えてくださいました。

グローバル化に伴い英語を母国語としない場合もあり得るため、授業の言語選択で悩まれた際、全国の国立大学へ問い合わせた結果、属地主義に決めたそうです。問題に直面した時、どのように解決へと導くのか、各務先生とお会いして“多角的に考え大胆に行動する”、まさしくグローバルリーダーだと感じました。