メインコンテンツへスキップ

キャンパスライフ

学生寮と学生宿舎

こまち寮のロビーで学生たちがくつろいでいる写真

こまち寮のロビーでくつろぐ学生たち

学生の89%が、キャンパス内の学生寮・学生宿舎で生活

学生は、先輩・後輩や留学生との共同生活を通して、グローバルコミュニティで生活する術を学びます。コミュニティで一人ひとりが心地良く生活するためには、『調和』、つまり文化や生活習慣の違いを相互に認め理解し、相手を敬い助け合う姿勢が求められます。そのためには、規則の遵守や、忍耐、他者に意見する勇気も必要です。
学生寮・学生宿舎は、単なる生活の場ではありません。共同生活の意義を考えて生活することで、学生は、授業では決して学ぶことのできない、自己成長に繋がる多くのことを学ぶことでしょう。

学生寮 Student Dormitories

1年次の寮生活が義務

国際教養大学の新入生は、全員、入学から1年間を大学の敷地内にある学生寮「こまち寮」で生活します。「今、なぜ寮生活なのか?」と疑問を抱かれる方もいるでしょう。しかし、本学では、寮生活も大切な国際教養教育の一部であると考えています。

こまち寮では、日本全国から集まる学生のほかにも、世界各国・地域からの留学生たちが生活しています。共同生活では窮屈に感じることもあるでしょう。しかし、同世代の仲間たちがひとつ屋根の下で暮らすことで、社会性やたくましさが身に付きます。困難と遭遇するたびに、学生たちは自分自身と向き合い、仲間たち、そして大学の教職員と力を合わせて問題を解決する術を学んでいきます。この問題解決能力こそが、「なぜ寮生活なのか?」という疑問への答えであり、本学が育成する「世界を舞台に活躍する人材」に不可欠な資質なのです。

学生寮の紹介
こまち寮

こまち寮の部屋の写真

こまち寮 間取り図

【ダブル仕様】 ※原則、2人部屋として使用

部屋数
184室+バリアフリー1室
間取り
約14m2(7.5帖)
家賃
20,000円/月、230,000円/年間
[4月入学]前期:春学期分 100,000円、後期:秋学期分 130,000円
食費
28,800円/月、230,400円/年間
[4月入学]前期:春学期分 115,200円、後期:秋学期分 115,200円
※春学期と秋学期の2学期の食費。食費をキャンセルすることは出来ません。
※ゴールデンウィーク、夏休み(8月)、AIU祭2日間の昼食、年末年始、冬休み(1月~3月)の食費は含まれません。
※2018年度実績

串山 虎太朗さんの写真

何を得るかは自分次第。

知らない人との共同生活。私は過酷な日々を想像しながら、こまち寮に入寮しました。

しかし、実際には、想像していた辛い生活とは違い、笑いの絶えない楽しい時間が待っていました。EAPに所属していた私にとって、寮での時間こそが留学生と関わる絶好の機会でした。ルームメイトになったデンマークからの留学生との時間は、日々新鮮で、文化間の違いに気付く毎日があっという間に過ぎていきました。そういった日々の中で自分を見つめ直すことで、異文化を理解する大切さを学びました。

こまち寮での生活では留学生との関係に目が行きがちですが、ルームメイトとの何気無いコミュニケーションやお互いに話し合うことで作り上げた住みやすい空間があったからこそ、私は一年間楽しく生活できたと思っています。

串山 虎太朗 Kotaro KUSHIYAMA(千葉県/2017年入学)

学生宿舎 Student Apartments

キャンパス内には、こまち寮のほか、学生宿舎として、グローバルヴィレッジ、さくらヴィレッジ、ユニバーシティヴィレッジがあり、1年間の寮生活を終えた学生や留学生が入居しています。

学生たちはキャンパス内で互いに刺激し合いながら、24時間、勉強やクラブ・サークル活動などに励んでいます。

学生宿舎の紹介
ユニバーシティヴィレッジ

ユニバーシティヴィレッジの部屋の写真

ユニバーシティヴィレッジ 間取り図

【ダブル仕様:テーマ別ハウス】

部屋数
79室
間取り
26.9m2(1K+10帖)
家賃
23,000円/月
テーマ別ハウス群の設置

ユニバーシティヴィレッジでは、スーパーグローバル大学創成支援事業の取組のひとつとして、24時間リベラルアーツ教育の推進を目指す「テーマ別ハウス」を実施しています。

テーマ別ハウス

グローバルヴィレッジ

グローバルヴィレッジの部屋の写真

グローバルヴィレッジ 間取り図

※間取り図はダブル仕様

【シングル仕様】

部屋数
100室 + バリアフリー4室
間取り
19.87m2(1K+5.2帖)
家賃
42,000円/月

【ダブル仕様】

部屋数
92室
間取り
26.08m2(1K+7.5帖)
家賃
24,000円/月
さくらヴィレッジ

さくらビレッジのキッチンの写真

さくらヴィレッジ 間取り図

【シングル仕様:3名の学生とシェアハウス形式】

部屋数
105室 + バリアフリー2室
間取り
55.48m2(1DK+〈5.3帖×3部屋〉)
家賃
40,000円/月

※学生宿舎は、すべての正規学生が入居できるわけではありません。希望者多数の場合は、抽選で決定します。入居できない場合は、学外の民間アパート等を探していただきます。
※家賃:1人あたり/月 ※光熱水費を含む。(2018年度実績)

播磨 若菜さんの写真

素敵なルームメイトに巡り会えました。

こまち寮ではアフリカ系アメリカ人とのルームシェアを経験し、現在はグローバルヴィレッジでカタルーニャ出身の留学生と生活しています。私は英語を流暢に話せるわけではなく、伝えたいことを伝える勇気を出せずに、会話を切り出すのを躊躇ってしまうこともあります。ですが、毎日話す時間をつくり一緒に料理をしたり、予定を合わせて出掛けたりする中で、失敗を恐れずにコミュニケーションを取ることの大切さに気付きました。帰省をする時にはルームメイトも誘って、家族の一員として迎え入れています。そうやって過ごす時間が、私だけではなく、家族の中の「外国人」という壁をも取り払ってくれたと感じています。今では、ふたりのルームメイトに会いに彼女らの国へ行くことが在学中に叶えたい夢のひとつです。

播磨 若菜 Wakana HARIMA(秋田県/2016年入学)

レジデント・アシスタント(RA)

レジデント・アシスタントの集合写真

寮・宿舎生活をRAがサポート

学生寮および学生宿舎では、1年間の寮生活を既に経験し、新入生のお手本となる先輩たちが、レジデント・アシスタント(RA:通称アール・エー)として共に生活します。新入生の慣れない集団生活を支えるほか、RAは寮生や学生宿舎の居住者と協力しながら、健康的で住みやすい住環境づくりをサポートします。