メインコンテンツへスキップ

カリキュラム

専門教養教育 グローバル・ビジネス課程

育成する人材像

経済およびビジネスを基本に、広く学際的な教育を提供し、生涯学習の基礎を養うとともに、創造力、判断力、独自性およびグローバルな視点を備えた人材を育成します。

教員からのメッセージ

フィオナ・スサングローバル・ビジネス課程長の写真

経済学の学問体系の着実な修得とグローバルな問題の理解

Success in business today requires understanding the social and global needs of tomorrow. Business people need to be able to recognize trends, incorporate new technologies, accommodate shifting global alliances, and creatively adjust the nature of their enterprise to suit the emerging needs of society.

Global Business Program (GB) provides instruction in basic and advanced economics, about key local and global financial issues, and about business management and marketing in today’s increasingly complex world.

Based on a clear understanding of fundamental theories of economics and market mechanisms, students analyze success and failure in the marketplace, explore market impact on government policies, and consider the role of social trends and emerging technologies in the business world. Students also examine consumer behavior, study global environmental issues, and investigate issues in development and trade, to gain the ability to create new solutions for the needs of a globalized and digitalized future.

GB prepares students to compete in the global business arena, as it nurtures students to bring integrity and commitment to their chosen profession. By studying with international exchange students from all over the world, students develop humanistic perspectives, which can be shared and understood regardless of cultural differences. Competence, compassion, and commitment are the core values we promote in GB.

フィオナ・スサン Dr. Fiona SUSSAN
グローバル・ビジネス課程長/教授

 

GB課程学びの流れの図
特色1 知識と教養を伴った発信力、説得力、 コミュニケーション能力を養います

国際社会では、意見を持っているなら発言しなければなりません。そのためには、英語での意思伝達能力を鍛える必要があります。GB課程の多くのクラスでは、英語でのプレゼンテーションを重視して、知識と教養を伴った発信力、説得力、コミュニケーション能力を養うことにより、世界を舞台に活躍できる人材を育成します。

特色2 学問体系の着実な修得と、ビジネス社会の実践的問題研究

ミクロ、マクロなどの経済学の学問的体系の修得を重視します。さらに、「国際経済社会の教養」の基礎となる実践的学問を修得し、国内外のビジネス社会の第一線で活躍した経験を持つ教授陣のもとで、理論と実践に基づいたマーケティング、組織の行動とゲーム理論、リーダーシップ論などのスキルを磨きます。特に、IT技術を用いた経済・ファイナンスの理論と実践を身に付けます。

留学後の総合セミナーでは、興味のある分野を選択し、各教授の指導のもと、課程の総仕上げを行うとともに、将来、大学院進学を希望した際にも役立つような論文指導を行います。海外留学生活を通して培われた問題意識は、生涯の活動に役立つ知的基盤を充実させ、幅広い潜在能力を開発します。

学生紹介

安田奈未さんの写真

安田 奈未 Nami ASUDA (大阪府/2015年入学)

本学への志望動機は?

英語でリベラルアーツという教育理念に惹かれました。高校生のとき、英語や国際交流に興味がある他の友達は皆、外国語学部を志望していましたが、何か違うと感じていました。 語学として英語を学ぶのではなく、英語で教養を身に付け、自分の可能性を広げたいと考え、 AIUを志望しました。

特に印象に残っているGBの授業は?

経済学原理マクロです。この授業でマクロ 経済の基礎を学んだおかげで、他の経済学の授業が理解しやすくなりました。授業内容は難しく、毎週、友達とともに先生のオフィスに質問しに行ったこともありました。

自分の成長をどのように感じましたか?

講演や授業の内容に対する質問が自然に出てきた時です。高校までの学習では、質問をする力というのはあまり鍛えられませんでした。 AIUでの少人数教育、ディスカッション重視の授業によって、与えられた情報と自分の持っている知識をつなぎ、主体的に考える力が育まれました。

卒業後の目標(夢)は?

ピジネスを通して、途上国の開発援助に関わりたいです。AIUで身に付けた幅広い教養のほかに、一分野の専門家として働きたいと思っ ています。また、AIUで培った語学力と発信カを軸に、日本人というアイデンティティーを持って、国際的な場で発言できるような人になりたいです。

AIUを目指す皆さんに伝えたいこと

自分で自分の可能性を狭めてしまわないでください。文系の高校生だった私は数学ができないと思い込んでいましたが、大学の経済数学のテストでは満点を取りました。AIUは自分の可能性を広げてくれる大学です。ぜひAIUの自由な空気を4年間感じてください。応援しています。

Nami's Time Schedule

安田奈未さんの1週間の予定表

Pick up!
安田奈未さんの課外活動の写真

秋田県由利本荘市滝俣(たきのまた)集落との地域交流活動で、田植えから稲刈り、脱穀までを体験しました。 収穫したお米は大学祭で販売し、最後は収穫祭で集落の方々を含むメンバー全員で収穫の喜びを分かち合いました。秋田ならではのいい経験です。