メインコンテンツへスキップ

科目構成と領域の特長

英語教育実践領域(ELT)

 

※このページの一部は、英語で提供されています。

国際教養大学(AIU)には、言語と文化いずれの観点においても唯一無二の学修環境があります。授業に限らず、生活のあらゆる場面で英語が使われており、フォーマル・カジュアルを問わず英語に触れる機会が日常的に存在しているということです。学部生に用意された英語集中プログラム(EAP)では、経験豊かな教授陣が質の高い英語教育を実践する場面を目の当たりにすることができます。言語異文化学修センター(LDIC)には諸外国語の優れた教材が用意されており、個人学習、グループ学習に最適な環境を提供しています。AIUのキャンパスは、自身の英語運用能力を伸ばしながら、優れた英語教師になることができる最良の場所と言えるでしょう。ELTのカリキュラムは、英語教育実践理論の基礎を固めると同時に、自らが生涯を通じて自省的に英語とその文化を吸収し続ける姿勢を養っていきます。

英語教育実践領域で修得できる知識・技能等

  • 言語としての英語に関する深い理解
  • グローバル社会における英語の役割
  • 英語教育理論の理解と実践への応用力
  • 英語教育における研究手法
  • 情報の批判的分析力
  • 授業におけるコミュニケーション能力
  • 高度な情報発信力
  • 教育者としての自省力

特色1:フレキシブルな履修計画

ELTの教育課程は2年間を基本としていますが、現職教員などの場合は、通常の勤務を続けながら土曜日のみの授業を履修することで4年で修了することも可能です。

特色2:教員免許の取得

中学校・高等学校一種教員免許状を取得済みの場合は、所定の科目を履修することで修了時に専修免許状を取得することが可能です。また、教員免許状を未取得の場合でも、教職課程を同時履修することで、修了時に高等学校一種免許状を取得し、同時に専修免許状を申請・取得することができます。

教育実習の写真

高校での教育実習の様子

履修の流れ

イングリッシュビレッジ

イングリッシュ・ヴィレッジで学生が活動している写真文部科学省「スーパーグローバル創成支援事業」の一環として、ELTの学生を中心に展開しているのがイングリッシュビレッジです。本事業は、日本全国の中高生を対象とした2泊3日の集中英語研修プログラムで、年間を通じて開催されています。ELTで身に付けた指導技術や、作成した教材などを実際の授業に適用する貴重な機会となっています。

英語教育実践領域Facebook

 

領域長メッセージ

Picture of Hiroki UCHIDA

国際コミュニケーションとしての英語(EIL)という観点に立てば、英語を学ぶ生徒たちが将来コミュニケーションを図る相手は、英語母語話者というよりは、外国語あるいは第二言語として英語を使用している人々となるだろうことは想像に難くありません。英語教育が育成するべきは、日本人の特色を有しながらも十分に通じる英語を駆使する人材であることを意味していると言えるでしょう。

流ちょうさに重点を置くことは、新しい時代の日本の英語教育を成功させる重要な要素となります。正確さは、流ちょうさと同時に育成されるべきものです。まずは多くの語彙を習得することが必要であるとか、話したり書いたりできるようになるためには、文法を熟知しなくてはならないといったような古くからの妄信から抜け出す必要があるのです。生徒が流ちょうに英語を使えるようになるためには、meaning-focused learning(既習の言語項目を用いる学習活動)が不可欠ですが、日本の英語授業ではそれが不足しているのです。

「知ることとできることは似て非なるもの」ということわざが示すとおり、ELTにおいては、理論や指導技術をよく理解していることに加えて、それらを教室の指導で具現化する力を身につけていただきます。これこそが、ELTの特色なのです。

内田 浩樹
国際教養大学専門職大学院 グローバルコミュニケーション実践研究科 研究科長
英語教育実践領域長
教授

英語教育実践領域 教員一覧

修了生からのメッセージ

立花 直樹さんの写真

英語教師であれば、教えるには理論と経験が必要だということに異議を唱える方はいないでしょう。しかし、この二つを併せ持った教師はどれほどいるでしょうか。

私は22歳で教壇に立ちましたが、その頃は理論を知ることよりも授業実践を積むことが良い授業への近道だと考えていました。しかし、次第に自分自身の英語能力が十分ではなく、教える技術も未熟であると感じるようになりました。私がしていたことといえば、他の先生方の模倣に過ぎませんでしたし、授業内の活動もなんとなく効果がありそうだからという理由で取り入れていました。そこには、理論も根拠もなかったのです。5年が経った頃、私は新しい時代の英語教育の担い手となるべく、休職して貯蓄をすべて大学院への学びに投資するという決断をしました。

国際教養大学で2年間を過ごし、自分の決断は正しかったと確信しています。ELTのクラスメートはみな親切で、刺激を与えてくれる存在でした。彼らにどれほど助けられたことでしょう。教授陣は、知的好奇心をかき立てるようなディスカッション・テーマを常に用意してくれましたし、私たちの意見にその場で的を射た助言をしてくれました。ELTでの学びを通して、自分のこれまでの授業の問題点を特定できるようになりましたし、授業がうまく運んだときにもその「理由」をはっきりと捉えることができるようになりました。授業を正しく分析する力は、教壇に戻ってから非常に役立っており、残りの教員人生においても大きな助けとなると感じています。また、AIUでの経験や出会いは、人や文化の多様性を尊重する姿勢と多角的な視点を育ててくれました。それぞれに個性があり、学習スタイルも異なる生徒たちを指導する上で、新たな切り口を得たと感じてます。

平均寿命が延びていることも手伝って、転職はめずらしいことではなくなってきていますから、その意味でもリカレント教育の需要は高まっていくでしょう。教師も例外ではありません。職業上の知識や技能をアップデートすることはとても重要です。私の場合のように教壇経験があれば、大学院での学びを自分の実践になぞらえて考えることができます。生徒に対しても、学び直すことの大切さを身をもって示すことができます。理論と経験を備えて教育を実践していくことができるようになるのです。

立花 直樹 Naoki TACHIBANA 大阪府出身

2011年4月
大阪府立四條畷高等学校に着任
2016年4月
英語教育実践領域に入学
2018年3月
英語教育実践領域を修了(修士)
現在は大阪教育大学附属高等学校 天王寺校舎にて教員として勤務

Students’ Voice

As a future EFL teacher, the ELT program has provided me with a brand-new angle of seeing English education. It may not be easy to apply every teaching theory into practice, my professors and peers in the ELT program have helped me learn how to overcome these obstacles by showing me a variety of teaching methods that I can adopt during my career. Mostly, I have learnt that true teaching skills only come from observation and practice.

Shuoshan WANG (Nationality: China / Undergraduate: Ocean University of China)

“How would my students respond to this teaching method?” This thought always comes to my mind during coursework here. As an in-service teacher, I have greatly appreciated the ELT curriculum, which offers numerous opportunities to put into practice what we have learned. The insights I have received from the experienced professors, as well as the opportunities Iʼve had to share my ideas with colleagues, have reformed my teaching style. This program greatly benefits aspiring in-service and future teachers.

Kosuke HAGIHARA (Nationality: Japan / Undergraduate: Nara University of Education)

“I would like to improve my teaching skills to be able to plan, execute, and reflect on classes especially using academically sound approaches.” This is what I thought when I entered the ELT program. We get many chances to learn various teaching methods from an academic perspective just like I hoped. However, the ELT program does not end here. Discussing how to put these methods into practice with the experienced professors and enthusiastic classmates enriched my understanding about English education and even now truly encourages me to work to improve my teaching.

Sora OUCHI (Nationality: Japan / Undergraduate: Ibaraki University)

There is no teaching method which is the best at all times. There are various school contexts and students with different backgrounds, language proficiency and goals. Itʼs essential for English teachers to choose appropriate methods depending on these factors. The ELT program expanded my perspectives on English education, which enabled me to evaluate my teaching objectively and improve it. To become a professional English teacher, this program is the perfect place for you.

Yushi ASAI (Nationality: Japan / Undergraduate: Osaka Kyoiku University)

Picture of English Language Practices Students

修了生の主な就業先

中学校・高等学校教員

  • 秋田工業高等専門学校
  • 八戸聖ウルスラ中学校高等学校
  • 八雲学園中学校高等学校
  • 宮城県迫桜高等学校
  • 宮城県仙台第三高等学校
  • 大阪府立牧野高等学校
  • 石巻市立北上中学校
  • 秋田県立能代高等学校
  • 静岡県立浜松湖南高等学校

高等教育機関教員

  • 秋田工業高等専門学校
  • 国際教養大学
  • 福井大学

ほか、秋田県および高知県公立学校に復職、など