メインコンテンツへスキップ

科目構成と領域の特長

日本語教育実践領域

日本語教育実践領域修了者の進路と将来像

日本語教育実践領域は、専門職大学院の理念に沿って、理論と実務を架橋するプログラム構成をしており、大学院修了と同時に、日本語教育の現場で教壇に立つことのできる実践的日本語教員養成を目指しています。学生は、1年目に日本語教育に関わる言語学・応用言語学分野を中心とした理論の習得に励み、2年目には、専門職大学院の特色を生かした3期にわたる教育実習に臨みます。現在、国内外の日本語学習者の多様化が進んでおり、日本語教師には、多様化した学習者のニーズに応えられるよう、常に学び続ける力を身に付けることが求められます。本領域では、アクション・リサーチの研究・実践手法を取り入れ、大学院修了後の日本語教育現場で常に自己の実践を振り返り自己成長を続けられる教師を養成します。

本領域では、日本語教育分野における未経験者のみならず国内外の日本語教育機関で日本語教育や国際交流業務に従事した方々も受け入れています。

これまでの修了生のうち、6割以上の修了生が国内外の日本語教育機関で日本語教育に携わっています。外国人とのコミュニケーション能力を生かして大手日本企業に就職した卒業生も少なくありません。修了後の将来像としては次のようなものがあります。

  • 国内外の日本語教育機関で日本語教育に従事する教師
  • 大学・自治体等における国際学術文化交流担当職員
  • 企業での外国人社員研修担当者

日本語教育実践領域で修得・向上する知識・技能等

  • 日本語教育に関する知識・技能と実践能力
  • 日本語教育カリキュラム開発に関する知識・技能
  • 言語・文化に関する知識・技能と異文化間コミュニケーション能力

特色1:国内外での実習を通じた実践的な日本語教授法の修得

大学院1年目は日本語教育の基礎となる様々な分野の知識を習得するための授業が中心ですが、2年目は、秋、冬、春と3期にわたる教育実習が必修となります。秋学期は学内の留学生を対象にした学内模擬授業、冬期プログラム中は海外提携大学からの学習者を対象にした日本語・日本文化集中コースを運営する学内教育実習、春学期(3月)には2~3人でチームを組み、海外の提携大学において現地の学習者を対象に2週間の海外教育実習(※1)を実施します(2018、2019 年度(※2)は台湾で実施)。※1: 実習にかかる旅費等は、学生本人の負担となります。
※2: 2019 年度の実習は新型コロナウイルス感染症の影響で、オンラインでの実施となりました。

特色2:多くの留学生が学ぶキャンパス環境を活用

本学の学内共通語は英語であり、学部プログラムでは、北米、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、オセアニアの50か国・地域にある200の提携大学(※1)の中から約180名(※2)の留学生が日本人学生とともに英語で授業を受けています。また、留学生を対象とした日本語クラスも開講されています。本学に来て初めて日本語を学ぶ学生から日本語能力試験N1合格者まで、様々なレベルの学生を対象としており、2019年秋学期には、初級から上級まで、9レベル、合計週100時間以上のクラスが開講されました。大学院生も留学生のチューターをしたり、ボランティアの会話クラスを提供したりと、様々なバックグランドを持つ日本語学習者に日常的に接しながら、日本語教育を学べる環境です。
※1: 2020年4月現在  ※2: 2019年9月現在

キャンパス内外での日本語教育実践領域の授業の写真

日本語教育実践領域 履修の流れ

リカレント教育対象者の履修について

日本語教育実践領域では、次の条件を満たし、審査に合格した学生は、1年半でプログラムを修了できるように、必修科目のうち「日本語教育実践研究(秋田)」及び「日本語教育実践研究(海外)と修了論文」が免除されます。その代わりに「日本語教育実践研究(リカレント教育)」と「日本語教育修了論文」が必修となり、学内外での実習と過去に培われた教授経験を振り返りながら、アクションリサーチペーパーを執筆します。

  1. 国内外での日本語教育経験を1,200時間以上有すること
  2. 一定の外部評価を受けた日本語教育機関での教授経験者であること
  3. 標準的な日本語テキストを使用して、初級から各種レベルのクラスを教えた経験があること

※上記項目に関しては、日本語教授経験を証明する書類が必要となります。
※このリカレント教育を選択する者は、通常の大学院入学審査で入学した後、日本語教育実践領域の審査を受けなくてはなりません。審査の結果によっては、対象者として履修を認められない場合もあります。

ウェブ版『実習報告論文集』の紹介

『国際教養大学専門職大学院 グローバル・コミュニケーション実践研究科 日本語教育実践領域 実習報告論文集』(電子版) J-STAGE(科学技術情報発信・流通総合システム)にて閲覧いただけます。

J-STAGE(科学技術情報発信・流通総合システム)

日本語教育実践領域ブログ・Facebook

日本語教育実践領域のブログでは、院生の日々の活動を紹介しています。Facebookもご参照ください。

日本語教育実践領域ブログ

日本語教育実践領域Facebook

領域代表からのメッセージ

伊東祐郎領域代表の写真

経済のグローバル化の進展や外国人材の受け入れ拡大に伴い、日本国内では留学生、ビジネスパーソン、技能実習生をはじめ、日本語を母語としない定住者、年少者、EPA介護福祉士や看護師の候補生など、日本語学習を必要としている人が増えています。また、日本文化などの人気を背景に、現在、世界の日本語学習者は約390万人(国際交流基金2018年海外日本語教育機関調査報告書による)に上っています。多様な背景を持つ外国人の受け入れの拡大とともに、海外における日本語学習ニーズも多様化していることから、日本語教育の必要性はますます高まっています。

このような状況の中で、外国人に対する日本語教育の充実を図るため、高度な専門性を有する日本語教育人材が求められています(文化庁2019年3月「日本語教育人材の養成・研修の在り方について[改訂版]」による)。また、質の高い日本語教師の養成と確保が喫緊の課題となる中、2019年6月には「日本語教育の推進に関する法律」が成立し、日本語教育に従事する者の能力及び資質の向上並びに処遇の改善が図られるよう、養成及び研修体制の整備、国内における日本語教師の資格に関する仕組みの整備等の施策を講ずる旨の規定が盛り込まれました。本領域では、このような背景を踏まえ、1年次に言語学・応用言語学など日本語教師に必要とされる理論や知識の習得を図り、2年次にそれらの理論・知識を応用して実践に臨むという専門職大学院の特色を十分に生かしたプログラムを編成しています。

国内外で教育活動を行うことになる日本語教師は、国際社会の動向や学習者の背景に関する理解や国際感覚をはじめ、様々な現場における学習者の興味や関心、ニーズを的確に把握する力、また、学習者に適した日本語教育を提供する幅広い知識、臨機応変に現場の状況に対応する柔軟な思考力、同僚やスタッフと協力しあって仕事をするコミュニケーション能力などが求められています。日本語教育実践領域では、そのような資質や能力、また姿勢を備え、自らの授業実践を振り返り、検証・改善を続けていける内省的実践家(reflective practitioner)を養成し、国内外の日本語教育機関に修了生を送り出しています。

海外の教育現場で日本を発信し日本への理解を促して日本サポーターを増やしたい方、国内の日本語教育現場で多様な学習者が社会参画し自己実現ができるように支援する日本語教育に携わりたい方、また、国内外で専門的技能の習得を目指す人達に日本語を教えたい方、私たちと一緒に日本語教育を通して社会や世界の要請に応え、国際貢献をしていきませんか。

伊東 祐郎 Sukero Ito
日本語教育実践領域代表
教授

 

修了生からのメッセージ

荒井 美帆さんの写真

アメリカのリベラルアーツ・カレッジで初級~上級の日本語クラスを担当しています。日本に留学したい人や日本のサブカルチャーに興味があるという学生が多い印象を受けています。また、社会人聴講生も多く、仕事のために日本語が必要な方から老後の趣味として学びたいという方まで、10代~70代の学生が机を並べています。昨年9月に着任しましたが、新型コロナウイルスの影響で3月下旬から急遽、オンライン授業に移行しました。教員に与えられた準備期間は1週間。必要最低限の環境だけ整え、同時双方向型オンライン授業をスタートしました。オンラインに移行後は、いつも以上に学生とのコミュニケーションを図り、日々調整を行いながら残りの学期を学生たちと駆け抜けました。

着任初年度にこのような事態になっても冷静に対応することができたのは、大学院で「臨機応変」と「学習者中心」の精神を叩き込まれたことにあります。また、世界各国に広がるJLTのネットワークを生かし、オンライン上で模擬授業を行ったり情報交換したりできたことも励みとなりました。卒業後も互いに切磋琢磨し、成長し続ける仲間と繋がっていられることも、JLTの強みではないでしょうか。

荒井 美帆 Miho ARAI 神奈川県出身
Dickinson College (アメリカ・ペンシルバニア州)

黒田 直美さんの写真

2018年から専任講師として日本語プログラムの運営と実施に携わっています。OISTでは学内コミュニティー・サービスとして言語教育をおこなっていることから、日本語学習者は博士課程の大学院生のみならず、研究員、技術員、教職員やそのご家族など多岐にわたります。そのため、国籍、属性、職業、年齢も多種多様な学習者が同じ教室で一緒に日本語を勉強しています。

ここでの業務は、学習者の受講登録からニーズ調査、コースデザイン、 教材作成、授業運営、コース評価といった一連の業務を各講師がすべて担当します。授業実践、振り返り、修正、再度実践、のサイクルを繰り返す毎日ですが、専門職大学院での2年間で学んだコースデザインや、3期にわたる実習を通して学んだプログラム運営の経験が、日々の気づきや実践、振り返りへの業務に活かされていることを実感しています。今後は、学習者のニーズに合わせた、よりフレキシブルかつ多様な新しいコースの開発にも積極的に取り組みながら、内省的実践家としてさらに経験を積んでいきたいと思っています。

黒田 直美 Naomi KURODA 埼玉県出身
沖縄科学技術大学院大学 (OIST)

Students’ Voice

学士は日本語教育専攻ではありませんでしたが、日本語クラスに関わる中で専門的に学びたいと思いAIUに来ました。先生方から様々なことを基礎から学ぶことで疑問を解決し、与えられる実践的な課題を、多様な背景を持つ同期と共に向き合えるのはAIUならではだと思います。留学生が多く、日本語教育を様々な観点から考える機会があるので、とても充実した大学院生活を送っています。

宮本 冬美花 Fumika MIYAMOTO(出身地:長崎県/出身大学:Denison University)

外国人で理系出身の私にとって、日本語教育を専攻するのはチャレンジでした。JLTのコースでは、言語学や第二言語習得論など日本語教師としての基礎はもちろん、自分の興味がある分野を学ぶこともできます。先生方の手厚い支援のお蔭で、私は理系の強みを生かすことができ、コーパス分析、統計学による言語研究などの分野を扱うことができるようになってきました。このような学生個々に合わせた教育はAIUならではだと思っています。

林 浩添 Ho Tim LAM(出身地:香港/出身大学:香港中文大学)

日本語教育実践領域の学生たちの写真

現在までの修了生の主な就業先(日本語教育機関のみ)

  • 日本:名古屋外国語大学(日本語専任講師)
  • 日本:名古屋工業大学(日本語非常勤講師)
  • 日本:南山大学(日本語非常勤講師)
  • 日本:東京中央日本語学院(職員、日本語講師)
  • 日本:ヒューマン・アカデミー日本語学校(講師)
  • 日本:厚生労働省外国人就労支援研修事業(日本語講師)
  • 日本:ECC国際外語専門学校日本語学科 大学院進学コース担当
  • 日本:立命館アジア太平洋大学(日本語非常勤講師)
  • 日本:北海道国際交流センター国際交流セクション(プログラムコーディネーター)
  • 日本:沖縄科学技術大学院大学(日本語常勤講師)
  • 日本:国際基督教大学(専任講師)
  • 日本:秋田県立大学(日本語非常勤講師)
  • 日本:秋田大学(日本語非常勤講師)
  • 日本:国際教養大学(日本語非常講師)
  • 台湾:開南大学(日本語専任講師)
  • 中国:天津科技大学(日本語専任講師)
  • 韓国:ハンバット大学日本語科客員教授
  • タイ:カセサート大学付属マルチリンガルプログラム(専任講師)
  • タイ:泰日工業大学語学・教養課程部(専任日本語講師)
  • ブルネイ:ブルネイ・ダルサラーム大学(日本語専任教師)
  • マレーシア:マレーシア日本高等教育プログラム(日本語専任講師)
  • ベトナム:Fourth Valley Concierge Vietnam Company Ltd.(日本語教育コーディネーター)
  • ニュージーランド:International Pacific University in New Zealand(日本語常勤教員)
  • 米国:カリフォルニア大学サンディエゴ校(常勤日本語講師)
  • 米国:ノースカロライナ大学シャーロット校(常勤日本語講師)
  • 米国:ウィリアム・アンド・メアリー大学(ジャパンハウス・チューター)
  • 米国:ディキンソン大学(海外招聘日本語講師)
  • 米国:オクラホマ大学(専任日本語講師)
  • カナダ:ダグラス・カレッジ(日本語非常勤講師)
  • デンマーク:オーフス大学(日本語非常勤講師)
  • フィンランド:タンペレ大学(日本語非常勤講師)
  • フランス:グルノーブル・アルプ大学(外国人講師)
  • ルーマニア:ブカレスト大学(国際交流基金・日本語専門家)
  • エジプト:エジプト日本科学技術大学(主任日本語講師)   他