メインコンテンツへスキップ

カリキュラム

英語集中プログラム

国際教養大学に入学すると最初に英語集中プログラム(EAP)でアカデミック・イングリッシュを学びます。本学や留学先の大学において、英語で行われる講義を聴き、理解し、自らの考えを発信して、論文をまとめるなど、学問を深めていくために必要な英語力を修得します。

教員からのメッセージ

パトリック・ドーティ英語集中プログラム・外国語教育代表の写真

Welcome to the EAP Program of Akita International University

The English for Academic Purposes (EAP) program is the first phase of a student’s experience at Akita International University. As all degree-related classes are taught in English at AIU, a high level of fluency in English is necessary for students to thrive. Students focus on intensive study of the language in the EAP stage of their curriculum. The goals of the program are (1) to encourage mastery of the spoken and written forms of academic English to enable students to study liberal arts at the university level, and (2) to help inculcate a global perspective in students that will allow them to succeed within the multi-cultural dynamic of AIU.

In the pursuit of these ambitious goals, students work with an international team of EAP instructors. In their EAP courses they write academic papers, make presentations, and read and analyze university level texts. They learn to function as linguistically and culturally competent members of an international community of scholars. They will celebrate their experience with the EAP program as being a significant stage in the process of their success at Akita International University.

パトリック・ドーティ Dr. Patrick DOUGHERTY
英語集中プログラム・外国語教育代表/教授

特色1 学生の力に合わせたレベル分け

入学時の学生の英語能力は一様ではありません。そのため、新入生は入学後すぐ、授業が始まる前に学術的な英語力を測るテスト(TOEFL ITP ®TEST)を受けます。EAPでは、このテストの結果を目安に3つのレベル(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)にクラスを分けて、個々の学生の力に合った教授法により効率よく力を伸ばしていきます。

Ⅲより高いレベルの英語能力を持ち、一定の条件を満たした新入生は、EAPⅠ~Ⅲの履修を免除され、代わりに高校から大学教育への“橋渡し”となる導入教育「EAPブリッジ・プログラム」で、本学の教養教育で必要となる学習スキルを修得しながら、基盤教育の特定の科目を履修します。

EAPの進級・修了には、TOEFL ®TESTのスコア、各クラスの出席や成績など定められた要件を満たす必要があります。

特色2 「英語で学ぶ」ための英語を学ぶ

授業は、各レベルともWriting、Reading、Listening & Speakingのコースを中心に構成されており、外国人を中心とした教員の指導のもと、学術的な題材を扱いながら、この4技能を伸ばしていきます。人文科学、自然科学、社会科学など幅広いテーマの読解や作文、また、ニュース・新聞などのメディアの資料を使い、時事問題についてのプレゼンテーションや議論など、内容も重視して実践的に学びます。EAPⅡ・Ⅲの学生は、EAPの他に基盤教育から1~2科目を履修でき、EAPで学術英語力を修得しながら「英語で学ぶ」ステージに段階的に入ることができます。

EAPを修了する頃には、講義を聴く、ノートをとる、内容を理解してそれをもとに自分で考える、自分が考えたことを発表する、討論する、レポートや論文として作成するなど、大学で学ぶために必要なことが英語でできるようになります。「英語で学ぶ」準備が整い、次のステージ「基盤教育(BE)」へと進みます。

特色3 自らの目標に向かって努力する「自主言語学修」

EAPのカリキュラムには授業の補足として「自主言語学修」が含まれています。例えば、ディスカッションで使用する教材の準備や、授業外に週3時間以上英語で多読することが求められます。このような課題に能動的に取り組むためのサポートとして、言語異文化学修センター(LDIC)では、学生が自主的かつ活発に言語学修を進めるために必要な教材や設備を提供しています。さらに、授業の一環として行われる「自己学修プロジェクト」を通し、自分自身の学修に責任を持つ姿勢を身に付け、英語のスキルアップと同時に、言語学修への理解を深めます。この経験は、基盤教育で選択する英語以外の外国語科目や留学先の言語の学修など、自主的かつ効果的にLDICを活用し、学びを継続する能動的言語学修者になることへとつながります。

学生紹介

加藤さんの写真

加藤 愛菜 Mana KATO (山梨県/2018年入学)

本学への志望動機は?

私には、世界の研究者がより自身の興味を追求し、イノベーティブな発見ができるよう支援する事業を立ち上げるという目標があります。そのためには、数多くの分野を学びながら実践的な英語力や思考力を身に付けることができるAIUが最適だと思い、志望しました。

EAPの授業スタイルは? 高校の英語の授業との違いは?

授業は、学生が主導となって取り組むディスカッションが中心です。学生は意見をぶつけ合いながら理解を深めていき、先生方は教えるというよりもアドバイザーとして自由なディスカッションを尊重しつつ、学術的に考える力や伝える力を伸ばすにはどうすればよいか助言してくださいます。

特に印象に残ったEAPの授業は?

「アカデミック・リーディング」の授業が印象に残っています。高校までは、筆者の意見を決められた正しい方法で解釈することが求められますが、この授業では、筆者の意見に対し個人の視点から様々な方法で論述することを学び、ただ理解するのではなく考える習慣が身に付きました。

自分の成長をどのように感じましたか?

EAPではコンスタントかつ丁寧に課題をこなすことが求められるので、タイムマネジメント能力や妥協せず最後まで成し遂げる力が身に付きました。こういった能力は学業以外でも多くの場面で求められるので、一生ものの力が得られたように思います。

AIUを目指す皆さんに伝えたいこと

私もかつてはこのパンフレットを読み、やる気と不安の狭間で揺れ動いていた受験生でした。自分がAIUで得たものを思うと、あの時AIUを選び、諦めずに挑戦したことは間違っていなかったと思います。皆さんもここで一生ものの学びを得られるよう、心から応援しています。

Mana’s Time Schedule

加藤愛菜さんの1週間の予定表
Pick up!
加藤愛菜さんの課外活動の写真

高校までの勉強方法では思うような結果が出せなくなり、先生に勧められて、クラスメイトとスタディンググループという学修方法を実践しました。ディスカッションを通して読み物やビデオの解釈を深め、お互いに学び合うことができました。