メインコンテンツへスキップ

進路支援

Be a Global Leader !

多彩な可能性を広げる進路選択支援

多彩な可能性を広げる進路選択支援

多彩なプログラムを通じて個々の進路選択をバックアップします

本学のキャリア教育の核を成すのは、仕事や職業に対する深い理解を通して、「自分はこれからどうやって生きていくのか」を考え、向き合える力を育むこと。このため、必修科目であるキャリア・デザインのほか、キャリア・カウンセリング、インターンシップなど多彩なキャリア教育を提供しています。また、「仕事研究会」は、本学の建学の理念に賛同いただいた企業や団体等の御協力により、人事採用担当者に足を運んでいただき、学内で開催していますので、秋田にいながら日本を代表する企業について深く学ぶことができます。

就職活動においては、確かな目標を見つけ、それに向けて努力する皆さん一人ひとりを、キャリア開発センターのスタッフがきめ細かく支援します。また、国内外の大学院への進学や高度専門職を目指す皆さんには、アカデミック・キャリア支援センター(ACSC)が多岐に渡るサポートを行っています。

アカデミック・キャリア支援センター(ACSC)

多彩な可能性を広げる進路選択支援
  • 2012-2016年度就職率
    100
  • 大学院進学支援
    アカデミック・キャリア
    支援センター

進路選択支援

キャリア開発センターでは、個別相談に力を入れたきめ細かな進路選択支援を行っています(キャリア開発センター利用率94%)。本学の卒業生は、在学中に修得した国際的な視野を伴う教養、優れたコミュニケーション能力、留学経験をもとに、世界を舞台に事業を展開する企業や団体およびこれから世界に進出を目指す企業などに就職しています。

また、卒業生の一部は大学院へ進学しています。国際教養大学で過ごす4年間を「自分の興味をしっかり見極める期間」とし、希望する分野の大学院への進学後に専門知識を身に付けるというプロセスは、まさにリベラルアーツカレッジとしての役割にほかなりません。

先輩たちから就職や進学のアドバイスを受ける学生同士の相談会も活発に行われています。教職員だけでなく、先輩が後輩の面倒を積極的にみてくれるのも、少人数のアットホームな環境で学生生活を過ごす人間関係の賜物と言えます。

卒業生の主な就職・進学先

教育カリキュラムとしてのキャリア教育

キャリア・デザイン科目CCS 140 キャリア・デザイン(必須科目)

キャリア(Career)の語源は、馬車や馬車が通った後の轍(わだち)だと言われています。人生を自分なりに一生懸命に生きている間に、自分の「キャリア」と呼べるものがそこに出来上がっていくのでしょう。

本学では「キャリア・デザイン」が必修科目となっており、学生は1年次から「職業意識の形成」を目的としてキャリアについて考え始めます。「入学後の履修科目や学生生活をどのようにキャリアと結び付けて考えるか」や「自分はいったいどのような人間で、どんなことに喜びを感じるか」など、入学後間もない時期からキャリアに対する意識を高め、知識や経験を通した自己理解の上に立って、キャリアを幅広い視点で考え、職業選択に結び付けられるようにサポートします。

インターンシップ(選択科目)

インターンとなる期間は2週間から3カ月間で、インターンシップ先は、各学生の出身地や秋田県内、あるいは留学先の国の企業、官公庁、国際機関、NGOなど多岐にわたります。

  1. 職業意識の開拓と意欲の喚起
  2. コミュニケーション能力の向上
  3. 社会への適応力の向上
  4. 自己認識の強化
  5. 社会への参加意欲の向上

インターンシップを通して実際に働くことで、学生は組織のあり方、そこで働く人々の考え方、振舞い方を注意深く観察し、自ら体験し、リーダーシップやチームワーク、そして進路について考え、「自分にとって最もふさわしい仕事とは…」という問題意識を持ち始めます。

サポート体制

国際教養大学では、キャリアガイダンス(説明会)、個別相談をはじめ、インターン受け入れ先との調整、協定書の作成、日誌やレポートの管理、礼状の作成・送付など、きめこまやかなサポートを提供しています。 学生はまず自己分析によって、自己の興味や関心を知り、業種を絞り、そこからさらに個別の企業を分析しながら、インターンシップの受け入れ先を探します。インターンシップの受け入れ先は、原則として学生自身で探しますが、企業や各種団体から大学に募集があった場合は、キャリア開発センターが随時情報を提供しています。

1年次 2年次 3年次 4年次
キャリアガイダンス・キャリアカウンセリング
キャリアデザイン科目の開講
インターンシップの実施(2週間~3ヶ月)
留学期間(1年間)

単位認定

インターンシップは単位認定の対象となるため、実習日誌、学生のレポートおよび体験談のプレゼンテーションによって、単位認定の可否が決められます。

実績

これまでに国際教養大学の学生をインターンとして受け入れてくださった主な企業、団体は以下の通りです。本学のインターンシッププログラムにご興味のある企業・団体様は、キャリア開発センターまでご連絡ください(018-886-5994)。

国外
インドネシア教育大学、住金物産シカゴ支店、国際交流基金トロント、世界青年の船、UNESCO Cultural Exchange in Bhutan、Sheraton Shanghai Hongqiao Hotel、TAYAMA Cambodia College、Trud Newspaper
秋田県外
JETRO秋田、JICA札幌、JICA東北、JICA中部、国際交流基金、知床財団、北海道、静岡県、北海道開拓記念館、海洋開発機構本部、お茶の水女子大学附属図書館、北上市立中央図書館、日本モンキーセンター、屋久島うみがめ館、大阪歴史博物館、仙台国際交流協会、青森観光コンベンション協会、世田谷スポーツ振興財団、国際自然大学校、全日空福島、近畿日本ツーリスト彦根、岩手日報、十勝毎日新聞、胆江日々新聞、富士通、リクルート東北支社、日立東日本ソリューションズ、くみあい船舶、ソニーミュージック、ワーナーミュージック、文化放送、テレビュー山形、琉球放送、東京ヒルトン、ホテルニューオータニ東京、横浜プリンス、ホテルニューオータニ幕張、ホテル小田急、オークラアクトシティホテル浜松、ハイアットリージェンシー大阪、ハイアットリージェンシー京都、宮古島東急リゾート、コンサドーレ札幌、千葉ロッテマリーンズ、水戸ホーリーホック、名古屋港イタリア村、鳥取大丸、福岡スポーツセンター ほか
秋田県内
JETRO秋田、秋田県、秋田県児童会館、秋田市、秋田魁新報社、秋田朝日放送、手這坂活用研究会、男鹿市、仁賀保市、大館市立図書館、全日本空輸秋田空港所、日本通運秋田支店、日本航空インターナショナル秋田支店、近畿日本ツーリスト秋田、JTB、秋田キャッスルホテル、ホテルメトロポリタン秋田、そごう西武・西武秋田店、秋田酒類製造 ほか