メインコンテンツへスキップ

カリキュラム

日本語プログラム

日本語プログラムでは、日本語の運用能力を高め、日本文化への理解を深めるために、世界各地から集まった留学生たちが学んでいます。正規学生でも、日本語を母語としない場合は、日本語クラスの履修が可能です。

教員からのメッセージ

阿部祐子教授

日本語で世界とつながろう!

国際教養大学は、世界各地から約200人の留学生を受け入れており、日本語を全く使えない初心者から上級レベルまでの学生が、レベル別に日本語を学んでいます。留学生の専攻分野は様々で、必ずしも日本語を専門に勉強している学生ではありませんが、皆一様に日本での生活や文化に強い関心を持っており、学内外での活動にも積極的に参加する学生が多くいます。

留学生との異文化交流を期待して入学する正規学生も多いと思います。留学生は、英語で開講される日本研究、ビジネス、国際関係などの授業を、正規学生と共に履修しますし、寮や学生宿舎での共同生活、クラブ・委員会活動などを通しても、相互に学ぶことのできる多くの異文化交流空間が提供されています。

日本語プログラムでは、日本語を通して日本社会や文化について共に学べるような留学生と正規学生との交流の場を多く作り出しています。異なる習慣や価値観を持つ人々が、円滑にコミュニケーションを取れるようなお手伝いをしたいと思っています。

阿部 祐子 Dr. Yuko ABE
日本語プログラム代表/教授

特色1 レベルに応じた日本語クラス編成

経験豊富な教授陣による少人数クラスで、学生の日本語能力に応じ初級から上級まで10レベルに分けられています。総合的に日本語を学ぶクラスから、「読む」、「書く」、「聞く」、「話す」など、個別のスキルアップに重点を置くクラスまで、学生のニーズに応じた多彩な開講科目を提供します。地域の学校との交流や様々な日本の伝統文化が残る秋田を探訪するフィールド・トリップを取り入れるなど、生きた日本語と文化を学べるカリキュラムです。

特色2 日本語教育副専攻

日本人にとって母語である日本語を、外国語として教える方法を学ぶことにより、言語や文化に対する視野が広がります。また、日本語会話パートナーなどを通じて、日本語を学ぶ留学生との交流を深めることができます。日本語教育に関心がある学生や将来、日本語教師を目指したい学生は、「日本語教授法」、「日本語学概論」など、所定の科目を履修することで、「日本語教育副専攻」を修めることができます。