メインコンテンツへスキップ

カリキュラム

教職課程

教職課程は、高等学校教諭一種免許状(英語)を取得するためのプログラムです。現行の高等学校学習指導要領では、英語を通じて、情報や考えなどを的確に理解したり適切に伝えたりするコミュニケーション能力を養うことを重視しています。この目標を達成するために、「コミュニケーション英語」や「英語表現」という科目が新たに設けられ、「授業は英語で行うことを基本とする」ことが明記されています。

これからの英語教員には、生徒のコミュニケーション能力を育成する実践的な英語力を持つことが強く求められています。本学の誇る英語集中プログラム(EAP)、基盤教育(BE)、専門教養教育を通して身に付けた高度な英語力と豊かな知識と教養、そして必修の「留学」で体得した国際感覚や実践的なコミュニケーション体験を生かして、次世代を育成する英語教員を養成します。

特色1:自ら学ぶ、みんなで学ぶ

少人数教育の特色を生かし、グループでのディスカッションやプレゼンテーションを通して、互いに学び合い、自分の意見を発表して議論するなど、教師となる際に役立つ実践的なカリキュラムが用意されています。そして、いじめや不登校など教育現場が抱える様々な課題や事象について、理論と実践の両面から学びます。

特色2:実践を学ぶ、実践から学ぶ

教育実習を必修としており、秋田県内外の高等学校において実際に授業を担当したり、生徒に様々な指導を行ったりする機会があります。また、県内の学校などを訪問して、授業を参観したり児童・生徒と交流をしたりすることもあります。学校における直接的な体験を重ねることで、英語の指導法や生徒との関わり方などについて学びます。

特色3:夢の実現に向けてサポート

本学では、卒業までにTOEFL® TESTや留学など幾つものチャレンジがありますが、教職課程履修者にはさらにもう一つ、教員免許の取得というチャレンジが加わります。教職課程では「履修カルテ」や「教育実習ガイダンス」などによる履修指導と、専任教員によるきめ細かな個別アドバイスによって、一人ひとりに対して丁寧にサポートする体制を整えています。

教員からのメッセージ

日本の英語教育界をリードする第一級の英語教員たれ

本学で学び、世界に飛び出して力を鍛えることのできる皆さんは、英語運用能力においても問題解決能力においても、日本の英語教育界をリードすべき人材であることは間違いありません。

教育こそが人を成長させ、社会を変え、世界を発展させる営みであり、教育に関わることは人類の発展に貢献する崇高な使命です。人を教え導き、人を育てるためには、まず自分を成長させ、改革していくことが求められます。

切磋琢磨し合い、ともに成長しながら、教育者への道を目指しましょう。

佐藤 健公 Prof. Kenkoh SATOH
教職課程代表/教授

学生紹介

教職課程ではどんなことを勉強するの?

教職課程では教師になる上で大切な知識、そしてより実践的な技能を学びます。またそれだけではなく、自分自身の普段の生活に生かせることも多く、やりがいを感じています。「教育心理学」の授業では生徒がどのように考えるのか、またモチベーションをあげさせるためにどうすればいいのかなどを学びました。授業の中には、教育に関する問題のディスカッションや模擬授業ができるものもあり、自分自身で教育について深く考えられ大変良い機会となっています。授業外でも英語教育にかかわる機会を多く得ることができるため自分の視野を広げ、スキルアップするためのすばらしい経験ができます。

本学を目指す皆さんに伝えたいこと

教職課程を取るとほかの学生よりも多く授業をとらなければならないため大変に思うこともありますが、日々自分自身が新たな知識を吸収し様々な経験をしていることが感じられ履修してよかったと思っています。また、今まで自分が持っていた生徒としての視点に加え、教師の視点からも考えることになるので、物事を多面的に見て考え、判断できるようになりました。教職課程を取る理由は人それぞれですが、履修すれば目的以上のものが得られどんな形であろうと将来の役に立つものと確信しています。みなさんもぜひAIUで教職課程を履修してみてください。

ボッサム 紗良 Sara BOSSOM (神奈川県/2015年入学)