メインコンテンツへスキップ

AIU TOPICS

2021.02.19キャンパス風景

学生がキャンパスに戻りました

学生をキャンパスに迎え入れてから1カ月が経ちました。待ちに待ったキャンパスで、生き生きと活動する学生たちの姿をご紹介します。

「パラレル形式」の授業

2020年度冬学期の一部の授業は、対面とオンラインを組み合わせた「パラレル形式」で行われています。教室では、モニターに映るオンライン出席の学生と、机に座る学生が共に発言する姿が見られました。

授業に参加している学生が挙手している様子

課外活動

感染症拡大予防のため、現在は課外活動にも制約があります。そうした中でも、工夫しながらクラブ活動などが行われています。Suda Hallでは、ラグビー部が短い活動時間の中で集中して練習に励んでいました。

ラグビー部の練習の様子

リフレッシュ

RA(Resident Assistants。新入生の慣れない集団生活を支えるほか、寮・学生宿舎の居住者と協力しながら、健康的で住みやすい住環境づくりをサポートする上級生)が主催するイベントも行われています。例年よりも多く降った雪を使って、「雪だるまコンテスト」が開催されました。授業や自主学修の合間を縫って、学生が力を合わせて見事な雪像を作っていました。

雪像作りをしている様子

完成した雪像に触れVサインをしている学生

マスク越しの笑顔

今後も本学ウェブサイトやSNSを通じてキャンパス風景を発信していきます。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、現在も一般の方の立ち入りを制限しています。ご理解・ご協力のほど、お願いいたします。

ご支援のお願い

グローバルリーダーの育成を掲げる国際教養大学では、このコロナ禍にあって、学生の安全と教育の継続的な提供のために2020年度はほぼすべての授業をオンライン化するという決断をしました。しかしながら、多様なバックグラウンドを持つ学生たちがキャンパス内、そして留学を通して切磋琢磨する経験は、学生たちの人間的な成長には不可欠なものだと、本学は考えております。可能な限りの対策を取りつつ、対面での活動の幅を増やしていくために、皆さまのご支援を何卒、お願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症対策寄附金